オシャレに写真を紹介できる結婚式オープニングムービーでも使えるテンプレート

ダウンロードはこちらから

テンプレートなら文字も写真も色もデザインも全部自由に編集ができます。

After Effectsで使えるフリーのテンプレートをご紹介しています。こちらのページではウェディングでも利用しやすい、光があふれる柔らかい印象のスライドショーが作成できるAfter Effects用テンプレートをご紹介しています。結婚式で生い立ちを紹介する際に利用されるプロフィールムービーや新郎新婦の入場前に上映されるオープニングムービー、さらには最後に上映されるエンドロールなどでも利用しやすいスライドショーとなっています。結婚式のビデオを自作される方は是非1度試してみないともったいないかも。

結婚式のプロフィールムービーとしても利用できます

光があふれる表現は結婚式のムービーによく合う表現です。こういった表現を取り入れてウェディングムービーを自作したいとお考えの方は、ご利用中のソフトに光系の素材を合成できる機能があるかもよく確認する必要があります。

フレアやノイズ系の素材を前景に配置して加算やスクリーンといった演算合成機能を使って合成を行うと、こういった光の表現を取り入れたスライドショーは自分でも作成することができます。しかしその機能が搭載されているソフトというのは、家庭向けのソフトウェアにはとても少ないのが現状です。

After Effectsであれば、光の素材そのものを自分で作成したり合成したりといったことは全て可能です。fu-nonで公開されているaepファイルを利用すれば、内部ですべての合成処理やスライドショー作成処理も完了していますので、写真を差し替えるだけでオリジナルムービーを作成できます。

結婚式のムービーを自分たちで作成しようとお考えの方は、是非一度試してみてください。

aepファイルを開いて再編集も可能です

公開されているファイルはaepファイルと呼ばれるAfter Effects内部で展開して再編集が可能なプロジェクトファイルです。自分で内部の構造や合成処理や光の要素を変更すれば、全く異なるデザインに仕上げることも可能です。After Effectsの詳しい操作方法をお知りになりたい方は、以下のページにまとめられていますのでそちらも参照されてください。

After Effectsの基本操作

After EffectsファイルについてTemplate file format

  • 使い方はこちらのページから
  • AfterEffectsバージョン : CC2019AfterEffects version : CC2019
  • 解像度 : 1920×1080(フルHD)Resolution : 1920×1080
  • 備考 : 一部ブラグインが必要な場合や背景が動画素材に置き換えられている場合があります。You may need some plug-ins, or the background may be replaced by video material
  • サンプルに利用されているBGMは一切含まれていません。
  • フォントファイルは含まれていません。

素材&テンプレート検索

TOP