トランジションを適用する基本の方法

PremiereProにも通常の動画編集ソフトと同じようにたくさんのトランジションが用意されています。ビデオや写真などのクリップ同士を単純に切り替えるだけでは物足りない展開も、トランジションを利用する事で強調したりデザイン性の高い動画編集に変化させることも出来ます。動画編集を初めて間もない方々にとっては、このトランジション効果の挿入というのは編集している実感の湧きやすい簡単で楽しい編集操作の一つかもしれません。

このページではそんなトランジションの挿入に関するPremiereProでの基本の操作についてご紹介しています。

トランジションを適用する基本の操作

ビデオクリップ同士を単純につなげるだけでもカット編集はできますが、トランジションを適用することでより個性的な編集を行うことが出来ます。

トランジションを利用する事でシーンの転換や、時間の経過、場所や空間の切り替わりなどを視聴者に認識させることも出来ます。また、スライドショーをメインで作っていく編集などでは、トランジション効果によって自然な写真同士の切り替わりを作ることも出来ます。

PremiereProでのトランジション挿入方法を見ていきましょう。

トランジションの格納場所

トランジションを追加する場合は、まずビデオトランジションのフォルダ内からトランジション効果を探します。

「エフェクトパネル>ビデオトランジション」のビン(フォルダ)内にトランジション効果は格納されています。ここからお好みのトランジション効果を探してクリップに適用していきましょう。

トランジションを適用する

トランジション効果の適用はクリップの端部分に対して行います。

クリップの端部分に対してトランジション効果をドラッグしてもっていき、重ねてみましょう。これでトランジションを適用できます。

クリップとクリップの間になるポイントにトランジション効果を入れこむことで、クリップ同士のつながりに対してトランジション効果を適用できます。

トランジションの結果を確認する

トランジション効果を適用した後に状態を確認するためには、プログラムモニター上で再生確認を行います。再生ヘッドを希望の時間に移動させてから再生を行いましょう。

現在の時間を示す再生ヘッドをドラッグしてトランジション効果の時間を非リアルタイムで簡易プレビューすることも出来ます。

トランジションの継続時間を変更する

トランジション効果の継続時間はトランジション効果の端部分をドラッグすることで変更できます。通常のクリップの長さを調整する時と方法は同じです。

正確な時間を入力して時間を調整したい時には、「右クリック>トランジションのデュレーションを設定」から希望する秒数を直接入力することも出来ます。正確に各トランジションごとの時間の割り振りを決定したい時には、秒数を指定する方法が効果的です。

トランジションを除去する

不要になったトランジション効果はいつでも除去することが出来ます。不要なトランジションをクリックしその後[Delete]キーを押して除去しましょう。

「右クリック>消去」からも消すことが出来ます。

トランジションの適用で手軽にシーン展開を作れる

トランジション効果は動画編集を行時に個性を表現しやすいポイントの一つかもしれません。シーンごとの時間的または空間的な切り替わりを表現したり、移動などをトランジション効果によって表現することも出来ます。

しかし、基本的な動画編集ではトランジション効果はそれほどたくさん利用する事はありません。

テレビドラマや映画などでもカットの切り替えはいちいちトランジション効果を加えることなく、即座に次のクリップに切り替える方が一般的です。

トランジション効果は主にスライドショーの作成や、動画内での転換ポイントとなる点で利用するものなので、簡単に適用できるからといって乱用しすぎないように注意しましょう。

適切に利用する事で動画の中にさらに意味を追加していく事ができるので、色々な作品のトランジション効果の挿入方法なども参考にしながら、自分らしいトランジションの挿入を楽しみましょう。

TOP