トランジション効果を調整する

PremiereProで適用したトランジション効果は継続時間や、トランジションの起点になる時間的な位置などを変更することも出来ます。トランジション効果を適用するクリップに合った位置やタイミングに調整をすることで、トランジションの効果をより一層高めることも出来ます。トランジションの調整はエフェクトコントロールパネル内から行っていきますが、エフェクトコントロールパネル内からのトランジション調整の方法がいまいち理解できていないという方も少なくありません。

このページでは適用したトランジション効果の調整をエフェクトコントロールパネル内で行う方法についてご紹介しています。

トランジション効果を調整する

適用したトランジション効果のタイミングは、タイムラインに配置している位置を変更することで自由に調整することが出来ます。具体的なトランジションの調整方法を見ていきましょう。

トランジションの継続時間を変更する

トランジションの継続時間を変更する場合には、トランジションの左右をドラッグします。

左右の端部分にマウスカーソルを合わせてドラッグするだけで、感覚的に時間の長さを変更することが出来ます。

前後で個別に時間を調整することも可能です。

開始と終了の位置を調整する

カット編集でカットしていた編集ポイントを変更することなく、トランジションが適用されるタイミングを前後に調整することが出来ます。

この場合はトランジション効果の真ん中付近にマウスカーソルを合わせて左右に移動させます。トランジションの継続時間は変わらず、トランジション効果が適用されるタイミングを調整することが出来ます。

配置メニューから正確にタイミングを設定する

トランジション効果が始まるタイミングを編集ポイントを基準に前後と中央とで機械的に調整することも出来ます。

前後のクリップの中央にトランジションを配置するのか、先頭を基準にするのか、最後の部分を基準としてトランジションを適用するのかを選択することが出来ます。

「配置」メニューを展開して選択することで切り替えることが出来ます。

ローリング編集

トランジションを適用した状態でトランジションの継続時間を保ったまま、編集ポイントを前後に移動させることが出来ます。

ローリング編集と同じ効果が期待できるこの編集を行う場合には、トランジション効果の中心付近にマウスカーソルを合わせてから左右にドラッグします。

リップル編集

トランジション効果と編集ポイントを固定した状態で、クリップ内の利用するシーンを変更することも出来ます。

この場合はトランジションではなく、クリップを直接ドラッグして左右に移動します。

タイムライン上でスリップツールを使って編集している状態に近い操作になりますが、編集結果はリップル編集を行って空白を生じさせないようにする操作と同じになります。

エフェクトコントロールパネルからトランジションを調整する

トランジション効果を適用した後は、エフェクトコントロールパネル内でトランジションの位置や継続時間を柔軟に変更することが出来ます。

一般家庭向けの動画編集ソフトではトランジションの時間調整に関してここまで多くの機能は搭載されていないので、トランジションの時間調整だけでも圧倒されてしまうという方もおられるかもしれません。

しかしトランジション効果を細かくタイミング調整するという事はそれほど動画編集作業において頻繁に行う操作ではなく、基本的に各クリップの中央にトランジションを配置して、調整するとしても継続時間の編集程度にとどめるのが一般的です。

前後のクリップの開始や終了タイミングに合わせてしまうと、空白が生じる秒数分クリップが一時停止する場合もあるので、正しく意味を理解せずにトランジション効果を調整しすぎるのにも注意が必要です。

適切な量や回数だけトランジション効果を適用して、自然な動画編集を心がけましょう。

TOP