デフォルトのトランジションを設定する

PremiereProでトランジション効果を適用する時には毎回トランジション効果を選択する方法以外にも、よく使うトランジション効果をデフォルト設定として保存しておくことで、お好みのトランジションを自動的に適用させることも出来ます。よく使うトランジション効果はデフォルトとして登録しておくと、とても効率の良い編集が出来ます。

このページではデフォルトとしてお好みのトランジション効果を登録しておく方法についてご紹介しています。

デフォルトのトランジションを設定する

PremiereProではデフォルトとして登録しておいたトランジション効果を一括で適用したり、簡単操作ですぐに適用できる機能があります。

デフォルトで設定されているトランジション効果は自分で自由に指定しておくことが出来るので、よく利用するトランジション効果があるときにはデフォルトトランジションとして登録しておくと編集操作がスムーズになります。デフォルトトランジションの設定方法についてみていきましょう。

デフォルト設定では「クロスディゾルブ」

デフォルトトランジションとして最初に登録されている初期設定の状態は「クロスディゾルブ」になっています。

実際の所、クロスディゾルブは不透明度を使ってふわーっと切り替わる、デフォルトトランジションとして設定するにふさわしいトランジション効果なので、特段デフォルトトランジションとして登録したいトランジション効果がない場合には、あえてデフォルト設定にトランジションを設定しなおす必要はないかもしれません。

今作成中のプロジェクト内でだけどうしても頻繁に利用するトランジションがあるといった場合には、デフォルトトランジションとして一時的に登録するというのはありかもしれません。

必ずしも全ての方がデフォルト設定を変更する必要性はないという点ご留意ください。

デフォルトトランジションを適用する

デフォルトトランジションを変更したい場合には、トランジション一覧をまず表示して、お好みのトランジションを右クリックします。

表示される「選択したトランジションをデフォルトに設定」の項目をクリックすることで、デフォルトトランジションを設定することが出来ます。

デフォルトトランジションとして設定されるとトランジションのアイコンが少し強調される(Premiereのバージョンでも表示が少し変わる)ので、この強調表示を確認することで現在のデフォルト設定を確認することも出来ます。

デフォルトトランジションを一括で適用する

デフォルトトランジションとして登録しておくメリットの1つが一括でまとめてトランジションを適用できるようになるという点があります。

同じトランジション効果を何度も利用して違和感のない映像というと、例えばスライドショーなどがあるかもしれません。写真をズームアニメーション付きで表示して次の写真へとトランジションをあてて切り替えていくというスライドショーメインの編集では、同じトランジション効果を何十か所にも挿入しなくてはなりません。

そんな時にはデフォルトトランジションを一時的に切り替えるなどして、一括適用がおススメです。

一括でトランジションを適用する場合は、まず複数の編集ポイントを囲むようにドラッグして選択し、「シーケンス>複数項目にデフォルトトランジションを適用」のメニューから一括適用します。

たくさんのクリップにトランジションを一括で入れたい時にはお勧めの方法です。

トランジション効果のコピーとペースト

一度設定したトランジション効果をコピーして複製したい場合もあります。

この場合はトランジション効果を選択してから[Ctrl + C]キーで複製して、その後現在の時間を示す再生ヘッドを希望の編集ポイントに移動させてから[Ctrl + V]で貼り付けます。適用したい前後のクリップを選択してから[Ctrl + V]でも間にトランジションをコピーで挿入できます。

トランジション効果の継続時間を変更していたり、トランジションのオプション項目からカラーや方向や中心点などを変更していた場合には、トランジションのコピーとペーストが有効です。

デフォルトトランジションを登録しておくと便利

デフォルトトランジションを設定しておくと、一括でトランジション効果をまとめて適用出来たり、トランジション効果をビンから探してこなくてもい適用出来たりと編集作業を短縮させるいくつかのメリットがあります。

しかし通常の動画編集ではアイリスやワイプなどの動きの大きなトランジションなどが多用されることはまずなく、トランジション効果を適用するとしても元々の初期設定となっているクロスディゾルブ程度の控えめなトランジションであることがほとんどです。

動画編集初心者のうちは、トランジション効果が楽しくて色々と乱用しがちですが、実際の動画編集ではそんなにトランジションは多く使うことはありませんので、トランジションの使い過ぎには注意しておきましょう。

デフォルト設定の変更が必要な場合には、このページの方法をご参考にしてみてください。

TOP