トリミングモニターの使い方

PremiereProでは動画編集の基本となるトリミング編集を様々な方法で行うことが出来ます。トリミングを行うためのトリミングモニターという機能もその一つです。トリミングモニターを活用すると、秒数やフレームを指定した正確なトリミングを行うことが出来ます。たくさんのクリップをつないでいくカット編集で、特にフレーム単位での正確なトリミング編集が求められるときにはトリミングモニターを活用するというのも1つの選択肢になります。このページではPremiereProのトリミングモニターの利用方法についてご紹介しています。

トリミングモニターの使い方

トリミングモニターを活用すると、通常のトリミング編集よりもより高度かつ正確にトリミング編集を行うことが出来ます。正確にフレームを確認したい時や、前後のクリップのインポイントとアウトポイントのつながりを画面でプレビューしながら確認したい時には、トリミングモニターを使ったトリミング編集もおススメです。

トリミングモニターを起動する

トリミング編集をより高度に正確に行う為にはトリミングモニターを活用します。トリミングモニターはトリミング編集を行いたいシーケンスをまず選択してアクティブにしてから「ウィンドウ>トリミングモニター」から起動することが出来ます。現在の時間を示す再生ヘッドからもっとも近くにある編集ポイントがトリミングモニターに表示されますので、編集したい編集ポイントの近くに再生ヘッドを移動してからトリミングモニターを起動すると良いでしょう。

トリミングモニターの見た目

左側に表示されているのが先行クリップで、右側のクリップが後続のクリップです。それぞれつなぎ目となるフレームが画面上に表示されています。この画面をタイムライン内での編集と同じようにドラッグしてトリミング編集することが出来ます。

ローリング編集

前後のクリップの編集ポイントを同時に移動させることが出来るローリング編集を行う場合は、それぞれのクリップの真ん中部分をドラッグして左右に移動させます。さらにはトリミングモニターの下部にある「インポイントとアウトポイントを同時に移動」コントロールを左右にドラッグする事でもローリング編集を適用することが出来ます。

リップル編集

一方のクリップの編集ポイントだけをリップル編集する場合は、それぞれのクリップの端より少し内側部分をドラッグして左右に移動させます。トリミングモニター下部にある「インポイントを移動」もしくは「アウトポイントを移動」コントロールをクルクルと左右に回すようにドラッグする事でもリップル編集を行うことが出来ます。

タイムコードからトリミング編集を行う

編集点をタイムコードから編集してトリミングすることも出来ます。詳細にトリミングするべきフレームが決まっている案件などではフレームの正確な指定が必要になりますので、これらのタイムコードを使った編集もとても役に立ちます。中心にあるタイムコードを操作するとローリング編集となり、左右にあるタイムコードを編集するとリップル編集が適用されます。

プレビュー確認

トリミングモニター上で編集ポイントの切り替わり方をプレビューする時には「編集部分を再生」ボタンをクリックします。編集ポイントの近辺がプレビュー再生されて、編集点の切り替わり方やつながり方を確認することが出来ます。トリミングが終了したらトリミングモニターを閉じて通常のタイムライン編集に戻る事が出来ます。

トリミングモニターを使って正確なトリミング編集を行う

トリミングモニターを活用すると編集点の前後のクリップの実際の画面を見ながらローリング編集やリップル編集など基本的なカット編集を行うことが出来ます。タイムコードを使ったトリミングが出来るという点もとても貴重な点で、プロニーズの正確なフレーム指定が必要な案件などではとても役に立ちます。

PremiereProではトリミングモニター以外にもトリミング編集モードやタイムラインでの編集、さらにはソースモニター上での細かいトリミングなども可能です。どの方法でも動画編集で必要なカット編集が可能なので、それぞれの編集者が自分で使いやすいと思う方法を1つ選んでトリミング編集を行うことが出来ます。ソースモニター上での正確なトリミングを行った後に全体をみてから個別に細かく調整していく事は一般的にもよく行われる流れなので、いくつかのトリミング編集の操作方法を覚えておくと後々役にたちます。

トリミング編集は動画編集における基本中の基本の操作ですが、PremiereProでは色々な方法があってかえって迷ってしまうという初心者の方も少なくないかもしれません。タイムライン上でドラッグしてカット編集していく方法が最もスタンダードで簡単な方法でもあるので、色々なトリミング編集があって混乱してしまうという方はまずタイムライン上でのトリミング編集からしっかりとマスターしていきましょう。

TOP