タイムラインに素材を配置する方法

PremireProでは動画編集を行うシーケンスのタイムラインに素材を配置する時にも便利な機能が色々と搭載されています。元々挿入してある素材の次につなげて挿入する以外にも、部分的に上書きしたり、素材を置き換えたり、分割してその間にインサートするという方法などがあります。せっかくPremiereProで動画編集を行っていくのであれば、これらの便利な編集機能を存分に活用してスマートな編集を行っていきましょう。このページではPremiereProで出来るタイムラインへのクリップ追加の色々な方法についてご紹介しています。

PremiereProでタイムラインに素材を追加する

タイムラインに素材を追加するだけなのであれば、ドラッグアンドドロップで好きな所に配置することが出来ます。しかしPremiereProでは単純なタイムラインへの素材追加作業だけではなく、部分的な上書きや置き換え、分割とインサートといった素材取り込み時にとても便利な機能が色々と搭載されています。動画編集では素材の確認とタイムラインシーケンスへの追加をたくさん行いますので、素材を配置する時の基本操作についてもしっかり覚えておく方が良いでしょう。作業効率が格段に上がるはずです。

まずは単純にタイムラインに素材を取り込み

まずは単純に動画や写真クリップをシーケンスに取り込んでみましょう。プロジェクトパネルで選択してトリミングも終えている動画素材などを選択したら、そのままドラッグしてシーケンス内に放り込みます。単純な素材の取り込みはこの作業だけで行うことが出来ます。

またトリミング編集を行ったソースモニターからもドラッグしてシーケンスに素材を取り込むことが出来ます。プロジェクトパネルからでも、ソースモニターからでもどちらからでもドラッグアンドドロップが出来ます。

後ろに続けて配置する

2つめ以降の素材からはどのような挿入方法にするのか色々と選択肢が出てきます。単純な素材の追加方法はまずは後ろに続けて次の動画クリップを挿入するというパターンかと思います。後ろに続けて素材を放り込むと、自動的に後ろの端の部分に吸着(スナップ)します。

またプログラムモニター上には、前側に既に配置してある素材の最終フレームの映像が表示されます。シーンのつながりを確認しながら新規の動画クリップを追加していく事が出来ます。

既存の動画に上書きして配置する

既に挿入してあるクリップの上に重なるように新規のクリップを追加配置することで、重なった部分を新しいクリップで上書きすることが出来ます。プロジェクトパネルを見ると、上書きするクリップが上書きされた後に最終フレームとなる画面を確認しながら上書きが出来ます。PremiereProではデフォルトの設定でタイムラインへの追加配置がこの「上書き」を基本としています。他の動画編集ソフトと挙動が少し違う部分でもあるので、PremiereProでは上書きが基本である点は押さえておきましょう。

分割とインサート配置を行う

既に挿入されているクリップの途中にインサートする形で別のクリップを挿入することも出来ます。このインサートによる挿入を行うと元々挿入されていたクリップが2つに分割されてから、その間に新しいクリップが追加で配置されます。動画クリップの途中に説明用のタイトルやテロップをはさみたい場合などには便利な機能です。

インサートによる挿入を行う場合は[Ctrl]キー([command]キー)を押しながら新しいクリップを配置します。インサートによる挿入の場合にはクリップ上に三角のマークが表示されます。またプログラムモニター上ではインサートする部分の前後のフレームを確認することが出来ます。どの部分を分割してインサートするのかを確認しながら挿入することが出来ます。

素材の置き換え

元々挿入していたクリップを別のクリップに置き換えたい場合もあります。写真や動画クリップなどをひとまず仮のもので作っておいて後から変更する場合や、クリップを後から変更したくなるケースはよくあることかもしれません。

クリップの置き換えを行う場合は置き換えたいクリップの上に[Alt]キーを押しながら配置します。元々あるクリップの上にしっかりと重なるように注意しながら[Alt]キーを押しながら配置を行いましょう。

PremiereProではタイムライン上で便利な編集が色々ある

PremiereProを使って動画編集を行っていくと、PremiereProだから出来る細かいカット編集の機能の便利さに色々と気づく点が多くなってくるはずです。タイムラインに素材を追加するだけというシンプルな機能を1つ例にとってみても、色々と便利な機能がもれなく挿入されています。

動画編集では素材の確認とトリミングそしてタイムラインへの取り込みと編集という作業を地味に何度も繰り返していく必要があります。やりたい希望の編集を実現するためにできる操作方法は色々と考えられるので様々な方法を利用できますが、効率よく編集できる機能が様々搭載されているPremiereProでは慣れてくればくるほど動画編集が確実に早くなっていきます。

PremiereProの様々な機能に熟知して、動画編集を効率よく行っていけるように頑張りましょう。

素晴らしい動画が作れるといいですね。

TOP