スライドツールの使い方

隣接する前後のクリップの継続時間の範囲内で自由にクリップをスライドさせて移動することができるツールがスライドツールです。PremiereProではメインとなるクリップに対してスライドツールを使うことで、前後のクリップのトリミングを行わずにインポイントとアウトポイントを変更することができます。シーケンス全体のデュレーションを変えることなく、また中心にくるクリップの継続時間も保ったまま関連する前後のクリップに対して再度トリミングの編集を行いたい時には便利なツールです。このページではPremiereProのスライドツールの使い方についてご紹介しています。

スライドツールの使い方

PremiereProのスライドツールを使うと選択した1つのクリップに隣接する前後のクリップのデュレーション内で自由に選択したクリップをスライドして左右に移動させることが出来ます。前後のクリップのトリミングを行うことなく直感的に左右にスライドさせることが出来るので、動画編集の局面局面で活躍の場面がしばしばあります。前後のクリップとのトータルのデュレーションを変更せずに中心のクリップを左右に微妙に移動したい時に便利です。スライドツールについてみていきましょう。

スライドツール

シーケンスとクリップのデュレーションを保った状態で、前後にあるクリップの範囲内で左右にスライドさせることが出来るツールです。スライド編集を行うときにはこのスライドツールに切り替えを行います。スライドツールはツールパネルに表示されています。

クリップをドラッグする

スライド編集を適用したいクリップ上にマウスを置き、左右にドラッグします。隣接するクリップが持っているデュレーションの範囲内で左右にスライドさせることが出来ます。選択しているメインのクリップのデュレーションは変化しませんが、前後のクリップのインポイントとアウトポイントが変化することになります。

前後のクリップを確認する

ドラッグしてスライド編集を適用している最中はプログラムモニター上に前後のクリップのインポイントとアウトポイントのフレームが画面上に表示されます。スライド編集では前後のクリップのインポイントとアウトポイントが変化するので、プログラムモニター上で前後の開始と終了としてふさわしいかどうかを確認しながら編集する必要があります。

スライド編集が適用された

スライド編集が適用されて、前後のクリップのデュレーションが変化したことを確認できます。選択してたメインの1つのクリップに関してはデュレーションが変化しておらず、シーケンス全体の時間にも影響がないことが分かります。

スライド編集ツールも活用できる

他の選択ツールやリップルツールと比較するとスライド編集を行うためのスライドツールの使用頻度はそこまで高くないかもしれません。しかしそれぞれのツールの使い方をしっかりと習得してPremiereProに慣れてくると、スライドツールも利用する機会が増えてくるはずです。

選択ツールやリップルツールだけでも表現できない編集方法ではないので必ずしもスライドツールを駆使する必要はありませんが、PremiereProでの動画編集を快適にするために、ステップアップとしてスライドツールもしっかりと覚えておきましょう。

TOP