シーケンスにインポイントとアウトポイントを設定する

PremiereProではクリップのインポイントとアウトポイントだけではなく、シーケンス内でもインとアウトポイントを指定することが出来ます。シーケンス内でインとアウトポイントの指定を行うことで指定した範囲は、リフトや抽出といった別の機能を組み合わせて利用する事でさらに便利な編集を行うことが可能になります。このページではPremiereProのシーケンス内でインとアウトポイントを範囲指定酢する方法についてご紹介しています。

シーケンスにインポイントとアウトポイントを設定する

PremiereProではクリップだけではなく、シーケンスに対してもインとアウトのポイントを範囲指定することが出来ます。範囲を指定しておくことで、その領域にあるクリップをまとめてリフトして除去したり、リップル削除のように削除した領域をなくして後続のクリップを左に詰める編集なども簡単に行うことが出来るようになります。シーケンスのインポイントとアウトポイントの範囲指定はシーケンス内のクリップをまとめて取り扱うときに便利な方法なので、PremiereProの基礎として覚えておきましょう。

シーケンスのインポイントを設定する

シーケンス内で範囲指定を行います。まずはインポイントから指定していきましょう。シーケンスのインポイントの指定は通常クリップに対して行うインポイント指定と方法は全く同じです。シーケンスを開いているプロジェクトモニター上で再生ヘッドを左右に動かしてインポイントとして指定したい時間に合わせることができたら、「インポイントを設定」ボタンをクリックしてインポイントを指定出来ます。キーボードのショートカットで[i]キーを押してもインポイントの指定が可能です。

シーケンスのアウトポイントを設定する

アウトポイントの指定もインポイントの時とほぼ同じです。押すボタンを「アウトポイントを指定」ボタンに切り替えます。キーボードのショートカットを使う場合には[o]キーを利用します。このショートカットはシーケンスのタイムライン上でも利用できるので覚えておくと良いでしょう。

インポイントとアウトポイントの範囲を調整する

インポイントとアウトポイントを一度設定した後に、自由に調整を加えることが可能です。インポイントとアウトポイントの指定が出来ている範囲をそのまま左右にドラッグすると、時間の長さを保った状態で左右にタイミングを移動することが出来ます。範囲の長さを変更する時にはインポイントとアウトポイントのん端部分をドラッグして変更することが出来ます。

範囲の削除

設定したインポイントとアウトポイントが必要なくなった場合には削除してしまいましょう。範囲の削除は右クリックから「インを消去」「アウトを消去」を指定することでインポイントとアウトポイントの削除が出来ます。

シーケンスのインポイントとアウトポイントを指定して編集で使う

インポイントとアウトポイントをシーケンスに対して行うと、その指定した範囲を使って後で効率の良い削除を行うことが出来大変便利です。たくさんのレイヤーを使った編集プロジェクトの場合には特にシーケンス内のクリップをまとめて一括して処理できる機能は重宝するはずです。

いずれにしろシーケンス内での範囲指定がまずは基本の操作となりますので、シーケンス内でも一括編集の為に範囲指定が出来ることを覚えておきましょう。

TOP