PremiereProのクリップ配置をボタンから行う方法

PremiereProで動画編集に利用する動画や写真のクリップはドラッグ&ドロップでシーケンスのタイムラインに取り込むことが最も一般的な方法ですが、素材取り込み用のボタンアイコンも様々なものが用意されています。時間を正確に指定してクリップを配置する場合はインサートによる挿入なども、アイコンボタンから行うことが可能です。PremiereProで動画編集を行っていかれるadobeユーザーの方は、ボタンによるクリップの追加方法も覚えておいても損はありません。このページではクリップをタイムラインに追加するときに使うことが出来るボタンの機能についてご紹介しています。

PremiereProでボタンからクリップを配置する方法

PremiereProのようにプロフェッショナルなソフトになってくると、1つの結果に対してそこまでに至る操作方法というのが色々なパターン考えられるようになってきます。シーケンスのタイムラインに素材を配置するだけという単純な編集操作でもPremiereProではいくつかの方法が用意されています。その中の1つがプレビュー用のモニターの下にアイコンとして表示されているボタンを使った挿入方法です。ここのボタンを使っているadobeユーザーの方もそうでない方も、アイコンボタンの使い方や機能についてみておきましょう。

編集ボタンからクリップを追加する

ソースモニターと呼ばれるプレビュー用のモニターでは、シーケンスに取り込んで利用したい素材をチェックしたりその場でトリミング編集を行うことが出来ます。トリミングできたクリップはドラッグでタイムラインに配置していく事が出来ますが、ソースモニター上のボタンからもタイムラインへの配置が可能です。この時に利用するアイコンボタンが以下のボタンです。

挿入するトラックを指定する

アイコンボタンから動画や写真クリップの配置を行う場合には、まずどこのトラックにクリップを追加するのかを指定する必要があります。PremiereProでは編集用のトラックが[V1][V2][V3]や[A1][A2][A3]などと複数表示されていて、たくさんの素材を同時に使いながら動画編集が出来るようになっています。これらのトラックのどこを使うのかをクリックすることでまず指定するひつようがあります。

挿入する時間を指定する

ボタンから素材を配置する時には、タイムラインに配置する時間の指定も行っておきます。タイムコードを左右にドラッグして時間指定す方法や、現在の時間を示す再生ヘッドをドラッグして時間指定することが出来ます。タイムコードに直接時間を入力して指定することも出来ます。

クリップを配置する

トラックの番号と挿入する時間の指定が出来たら、クリップを配置します。クリップの配置はソースモニター上の[上書き]ボタンから行います。この上書きボタンからの挿入方法はPremiereProでタイムラインにドラッグで挿入する時と同じ扱いになり、既存のクリップと重なる場合には上書きされます。

既存のクリップの後ろにピッタリ挿入する場合

既にタイムラインに配置してあるクリップの後ろにピッタリ続ける形で挿入する場合には、プログラムモニターの下部にある[次の編集ポイントへ移動]のボタンを使うと便利です。[次の編集ポイントへ移動]を押すと、既に挿入してあるクリップの最後尾に再生ヘッドが正確に移動しますので、既存のクリップを上書きして欠損させることなく後ろに続けてクリップを挿入することが出来ます。

既存のクリップにインサートして配置する場合

既にタイムラインに様々なクリップが配置されていて、途中から別の素材を新規で間に挿入する必要が生じるということもしばしばあります。既に既存のクリップがあり、それらに割り込ませる形で新規で追加する場合には、インサートによる挿入方法が便利です。

インサートによる追加も方法は基本的に同じで、時間とトラックの指定を行ったら[インサート]ボタンを押して新しいクリップを配置します。この方法でインサート追加すると、他のすべてのトラックが指定した時間で分割されてからクリップが配置されます。新たなクリップ素材を割り込ませる形で挿入するときにはとても便利な編集方法です。

PremiereProではクリップの配置も簡単

PremiereProだけに限らず動画編集を行っていく時に必要となるのは、素材のチェックとトリミング、そしてタイムラインへの配置です。この動画編集において超基本ともいえる簡単ではありますが地味な作業は、動画編集時に何度も何度も繰り返される作業です。

PremiereProではクリップのトリミングだけではなく、タイムラインにトリミング済みのクリップを配置していく時にもインサートによる挿入方法などあると非常に便利な機能が色々と搭載されています。もちろん他の一般家庭向け動画編集ソフトにも便利で簡単な機能はありますが、PremiereProの細かい機能はプロのニーズにこたえ続けているadobe製品ならではの使いやすさといえるかもしれません。

タイムラインに素材を配置するだけという一見超単純な作業であっても、PremireProではいくつかの方法が用意されています。他にも便利な機能がまだまだありますので、色々な機能を覚えてPremiereProでの動画編集をマスターしていきましょう。

TOP