シーケンス内のクリップを削除する

PremiereProで動画編集を行っているときに限らず動画編集では利用しない不要なクリップが生じることがしばしばあります。タイムライン内でいらなくなったクリップは動画でも写真でもテキストでも基本的には[Delete]キーだけで簡単に削除することが出来ます。しかしクリップを削除した時にはクリップ同士の間にギャップが生じてしまうこともあり、ギャップ意図せず生じさせたくない場合にはギャップを考慮した削除を行う必要があります。このページではPremiereProのシーケンス内で発生した不要なクリップを削除する方法についてご紹介しています。

PremiereProのシーケンスから不要なクリップを削除する

PremiereProのシーケンス内ではしばしば不要ないらないクリップが発生します。一度はめてみたけれどもしっくりこないので別の動画クリップに差し替えを行うという場合や、差し替えをせずに削除だけを行いたいというケースもあります。不要なクリップは基本的に[Delete]キーで削除することが出来ますが、PremiereProのシーケンス内でのクリップ削除では、クリップを削除した時に発生するギャップと呼ばれる空白の領域をどのように削除するのかを決めて削除を行う必要があります。ギャップを詰める処理を伴うリップル削除と、単純なクリップ削除についてみていきましょう。

シーケンス内のクリップを削除する

シーケンス内で発生した不要なクリップを削除してみましょう。不要なクリップを削除するときにはシーケンス内の削除するクリップを「右クリック>消去」を選択するか、キーボードの[Delete]キーを押します。シーケンス内のクリップ削除は頻繁に行う編集作業の1つでもあるので、キーボードの[Delete]キーによる操作を覚えてしまう方が編集効率が上がります。

クリップ削除後の空白も削除する

単純にシーケンス内のクリップを削除した場合には、削除したクリップがいた場所に空白が発生します。PremiereProではこの空白部分をギャップと呼んでいますが、この空白部分は簡単に削除することが出来ます。ギャップを削除する場合には、ギャップ部分を右クリックすると表示される「ギャップを削除」を選択します。後続に続いている全てのクリップが自動的に前に移動してギャップが埋められます。

削除と同時に空白も消す(リップル削除)

クリップの削除とその後に生じる空白の削除を同時に行うことも出来ます。クリップとその空白を同時に消すことをPremiereProではリップル削除と呼んでいます。リップル削除を行う場合にはクリップを右クリックして生じるメニューから「リップル削除」を選択する方法と、キーボードの[Shift]キーと[Delete]キーを同時に押して削除する方法があります。

リップル削除が行える[Shift+Delete]キーはPremiereProでの動画編集におけるよく利用するショートカットの1つなので、覚えておくことをお勧めします。

PremiereProでクリップを削除するときには空白の処理も必要

PremiereProのシーケンス内で発生した不要なクリップはいつでも[Delete]キーで簡単に削除することが出来ます。削除するときに考慮するべきはその後に生じる空白の処理をどのように行うのかという問題です。生じる空白はリップル削除で簡単に消すことが出来ますので空白の除去が必要になる場合にはリップル削除を行ってギャップを詰めましょう。

尚単純なクリップ削除やシーケンス内の空白を削除も伴うリップル削除は上部メニューの「編集>削除」「編集>リップル削除」からも行うことが出来ます。ショートカットも上部メニューに併記されていますので、忘れた場合にはショートカットもメニューから参照してください。

TOP