PremiereProでチャプターマーカーを挿入する

PremiereProでは動画編集を行っているシーケンス内でDVDやBlu-ray用のチャプターマーカーを挿入することが出来ます。作成するムービーをその後DVDにやBlu-rayに変換して上映を行う予定の場合には、予めシーケンス内のタイムライン上でチャプターマーカーを打っておくと便利です。PremiereProで挿入しておいたチャプターマーカーはその後DVDを作成するときに利用できるAdobe Encore上でそのままチャプターとして利用する事が出来ます。編集ポイントなどチャプターとしてふさわしい場所には予めチャプターマーカーを打っておきましょう。このページではPremiereProでチャプターマーカーを挿入する方法についてご紹介します。

チャプターマーカーを挿入する

PremiereProのシーケンス内ではチャプターマーカーを挿入することが出来ます。動画編集を行ったプロジェクトを最後にYoutubeやvimeoなどにアップするという場合にはチャプターの挿入はあまり必要ないかもしれませんが、DVDやBlue-rayなどにムービーを変換して格納する場合にはチャプターを挿入しておくと便利です。DVD作成ソフト側でチャプターを挿入することも出来ますが、ここではPremiereProのシーケンス内でチャプターを挿入する方法についてみていきましょう。

チャプターマーカーの追加

シーケンスにチャプターマーカーを挿入する場合にはまず現在の時間を示す再生ヘッドを、チャプターマーカーを挿入したい位置まで移動させます。再生ヘッドを希望の時間帯に移動させることが出来たら、時間スケール上を右クリックして表示されるメニューから「チャプターマーカーを追加」を選択します。これでチャプターマーカーが追加されます。

マーカーの設定

チャプターマーカーを挿入すると表示される「マーカーの編集」ダイアログボックス内では、マーカーに名前を付けたりコメントを加えることが出来ます。名前もコメントも人ですが、下部にある「オプション」の領域から「チャプターマーカー」にしっかりとチェックが入るように確認を行いましょう。既存のコメントマーカーなどもオプションからチャプターマーカーにチェックを変更することでチャプター用のマーカーに切り替えることも出来ます。

チャプターマーカーが挿入された

再生ヘッドの合わせてあった位置にチャプターマーカーが挿入されたことを確認できます。チャプターマーカーは赤色で追加されますが、この色もマーカーの編集メニューから自由に変更できます。

チャプターマーカーの削除

チャプターマーカーとして挿入した場合も削除の方法は通常のコメントマーカーの削除と同じです。チャプターマーカーを右クリックして表示されるメニューから「選択したマーカーを消去」を選択します。「全てのマーカーを消去」メニューからはシーケンス内のマーカーを一括して削除することが出来ます。

マーカーの役割を変更する

一度タイミング調整やコメント用のマーカーとして追加していたいわゆる普通のマーカーも後からチャプター用のマーカーに変更することが出来ます。マーカーの役割を変更する場合には「マーカーを編集」からダイアログを開き、オプションの項目からマーカーの役割を選択して変更します。ウェブリンクを挿入しておくことでリファレンスとなる情報やウェブページを別途用意しておいて共有することも可能です。

チャプターマーカーを活用してDVD作成をスムーズに行う

PremiereProで作成したムービーを最終的にDVDやBlue-rayに書き込んで上映する場合にはチャプターの編集も必要になります。通常チャプターの編集DVDのオーサリングソフトを使って行うことが可能ですが、PremiereProでは動画編集を行っているプロジェクト内でチャプターの編集も可能になっています。PremiereProで作った動画編集プロジェクトはその後Adobe Encoreに取り込んでDVD化を行うことが可能です。EncoreではPremiereProのチャプターマーカーもそのまま利用する事が出来ますので、Encoreを使ってDVDやBlu-rayの編集を行う場合にはシーケンス内でチャプターを編集してしまうというのも選択肢の一つになります。もちろんEncoreを含めDVDオーサリングソフト側でチャプターの編集は可能なので、必ずしもPremierePro内でチャプターの編集を完了させておく必要はありませんが、機能の1つとしてのご紹介でした。

TOP