PremiereProでビデオだけや音だけを個別挿入する方法

PremiereProで動画編集を行っているユーザーの方の中にはビデオクリップの音だけをシーケンスに配置したり、逆に映像部分だけをタイムラインに挿入したいという場面に遭遇される方もおられます。PremiereProではオーディオだけやビデオだけという形での配置も簡単に行うことが出来ます。タイムラインに動画クリップを挿入するときに簡単に行うことが出来るので長くPuremiereProを利用するご予定の方は早めに覚えておくととても便利です。このページではタイムラインシーケンスにビデオクリップのオーディオだけ、もしくはビデオだけを別々に追加する方法についてご紹介しています。

PremiereProでオーディオやビデオのみを挿入する方法

PremiereProでは音声も映像も含まれている動画クリップから音や映像部分だけを個別にタイムラインに取り込むことが出来ます。ビデオクリップに元々ついている音を利用しないで、音声やBGMは後で別撮りのものを加えるといった編集フローとなるケースは実際かなり多いです。ビデオクリップについてくるオーディオ部分をシーケンス内で削除していると手間がかかるので、オーディオだけやビデオ部分だけの挿入方法も早めにしっかりマスターしておきましょう。

ビデオだけを挿入する方法

PremiereProで編集するビデオクリップ内のビデオ部分だけを音声無しで挿入することが出来ます。オーディオを取り除いてビデオ部分だけをシーケンスに追加する場合には、ソースモニター上にある[ビデオのみドラッグ]ボタンを活用する必要があります。このビデオだけを挿入するボタンは素材を確認するソースモニターの下部に表示されています。

このボタンを使ってタイムラインにビデオクリップを挿入すると、音声データトラックを持たない状態でビデオだけをタイムラインに追加することが出来ます。

オーディオだけを挿入する方法

音声も映像も含まれている動画クリップからオーディオだけを切り抜いて挿入することも出来ます。オーディオだけをタイムラインに挿入する場合もソースモニター上にあるボタンを活用する必要があります。オーディオだけを挿入する場合はソースモニター下部に表示されている[オーディオのみドラッグ]ボタンを使ってタイムラインにクリップを挿入します。

この[オーディオのみドラッグ]ボタンを使ってシーケンスにクリップを追加すると、ビデオのないオーディオデータの状態だけでタイムラインに追加することが出来ます。

PremiereProでは音やビデオだけを簡単に挿入できる

PremierePro以外の動画ソフトでも音声やビデオを切り離して編集できるソフトもあるにはありますが、決して数が多い部類ではありません。一般的な家庭向け動画編集ソフトでは基本的にいつでも動画クリップは音と映像の2つのデータを持っていて、映像だけを使いたい場合には音をミュート設定する必要が生じる場合がほとんどです。

ミュート設定によって映像だけを残す手法の場合、タイムライン上での視認性が劣ってしまって音が出ているのかどうなのかが分かりづらくなってしまう動画編集ソフトも少なくないので、タイムラインの視認だけで音があるのかどうかが一目瞭然であるPremiereProはとても編集がしやすいといえるでしょう。

今回ご紹介したような細かい点でもPremiereProには他の動画編集ソフトにはない機能が豊富に搭載されていることが理解できます。引き続きPremiereProの編集方法について学んでいきましょう。

TOP