タイムラインでキーフレームを編集する方法

PremiereProでフェード効果やポップアップなどの簡易的なアニメーションを作るときにもキーフレームは欠かすことが出来ません。しかしこのキーフレームの操作をエフェクトコントロールパネルから行うことが少し面倒であったりやりづらいという方も多い事と思います。タイムライン内で直接キーフレームが調整出来たら便利なのにとお感じだったらば、このページの内容はきっとお役に立てるはずです。

このページではPremiereProを使ってキーフレームの編集を行うときに、シーケンスのタイムライン内でキーフレームを編集する方法についてご紹介しています。

タイムラインでキーフレームを編集する方法

タイムライン内で直接キーフレームの追加や編集が出来ないだろうか?と操作方法をお探しでしょうか?

PremiereProでのキーフレーム編集はタイムラインからも行うことが出来ます。エフェクトコントロールパネルからの編集ではタイムライン内の時間軸との関連性を確認しづらい時にはタイムラインからのキーフレーム挿入と調整がおススメです。

キーフレームをタイムラインで表示する

このページではすでにキーフレームを挿入することが出来ている状態から編集を開始しています。キーフレームをいくつか自由に追加してある状態から、挿入してあるキーフレームをタイムライン側でも表示してみましょう。

タイムラインの表示設定のボタンを右クリックし「ビデオのキーフレームを表示」を選択すると、タイムライン上のクリップの上にラバーバンドと呼ばれる線が表示されて、不透明度やスケールなどのパラメータを可視化することが出来ます。

表示するエフェクトを選択

デフォルトの状態では不透明度の値が表示されていますが、表示するプロパティの種類は自由に選択することが出来ます。

「エフェクトメニュー」ボタンを右クリックすると表示されるメニューから、タイムラインで確認したいプロパティの種類を選択しましょう。スケールや位置、回転といった基本的な情報を選択することが出来ます。

トラックの大きさに注意

ここで「ビデオのキーフレームを表示」を選択したのにも関わらず、タイムライン上にキーフレームやパラメータの値を示す線が表示されないという方は、トラックの上下の大きさが狭まっている可能性があります。

複数トラックでの編集を行うとき、タイムライン内のトラックの幅を狭めて補足しておくと複数まとめての確認と編集がしやすくなりますが、キーフレーム編集の時には一時的に太い状態に戻す必要があります。

トラックの上下の端をドラッグして幅が太くなるように調整しましょう。キーフレームが表示されるはずです。

ドラッグして値を一括変更する

まだキーフレームが表示されていないプロパティを選択した場合、横に伸びる1本の線だけが表示されます。この線は上下にドラッグして移動させることが可能です。

例えば不透明度の線を下方向に下げると、不透明度を直感的に操作することも出来ます。

エフェクトコントロールパネルから数値を入力するのが面倒な時には、シーケンス内で直接ドラッグして変更するという事も便利な方法の1つになります。

キーフレームの追加と編集

タイムライン内で各エフェクトやプロパティの情報を線として視覚的に確認している状態から、キーフレームを追加したり除去することも出来ます。

キーフレームを追加する

キーフレームの追加ではペンツールを利用します。

キーフレームを追加したい位置にマウスカーソルを合わせたらクリックするだけでキーフレームの追加が出来ます。通常の選択ツールの状態で、キーボードの[Ctrl]キーを押しながらクリックしても同じくキーフレームの追加が出来ます。

キーフレームの移動

追加されているキーフレームを左右に移動させることも出来ます。

キーフレームの移動は選択ツールかペンツールの状態でドラッグします。

キーフレームのパラメータを変更する

パラメータの値を変更したい場合には、ドラッグして上下に動かします。

例えば2つのキーフレームをクリックして追加した後に、片方のキーフレームを一番下に下げることで不透明度0として、フェード効果をクリックだけで簡単に作ることも出来ます。

キーフレームの状態をプレビューする場合にはキーフレームの時間に合わせてから、プロジェクトモニター上で確認を行います。

キーフレームの補間方法を変更する

キーフレームの補間方法を変更することで、アニメーションの速度変化を調節することも出来ます。

キーフレームに対してイーズインやイーズアウトの機能を追加する方法は他にもありますが、タイムライン上でイーズを追加できると編集がスムーズにいき便利な場合もあります。

イーズを追加したキーフレームを右クリックし、「リニア」から「連続ベジェ」などへと切り替えます。値の変化量をタイムライン内でグラフとして確認することもできるので、タイムライン上での編集もとても便利です。

キーフレームの削除

不要なキーフレームがある場合には、キーフレームを選択して直接[Delete]キーを押します。

もしくは削除したいキーフレームと同じ時間にインジケータを合わせてから、タイムラインのトラックメニュー上にある「キーフレームの追加/削除」ボタンをクリックすることでも削除が出来ます。

タイムラインでのキーフレーム編集も便利

AfterEffectsなどのエフェクト操作を頻繁に行う編集ソフトでは、タイムライン内でエフェクトやトランスフォームプロパティの全ての値をまとめて一覧表示させることが出来ます。

しかしPremiereProではエフェクトコントロールパネル内でキーフレームの編集を行っていくように設計されていますので、キーフレームをガンガン編集したい場合には少し編集しづいらいと感じられる方も多いかもしれません。

このページでご紹介したタイムライン内でキーフレームを編集する方法は便利ですが、この方法を使ってもAfterEffectsのように全てのプロパティ情報を一括してタイムライン内で表示するという事は出来ません。

アニメーションのタイミングが他のレイヤーの表示タイミングと連動するという編集を行う場合には、タイムライン内で直接他のレイヤーのタイミングや位置を確認しながらキーフレームを編集できると便利ですが、PremiereProはエフェクト編集に特化したソフトではないので、あくまでも動画編集ソフトとして割り切った考え方が必要になってくるかもしれません。

いずれにしろエフェクトコントロールパネル内だけではなくてタイムライン上でもキーフレームの編集が出来るのはとても便利な点です。

この機能を使っていなかった方は覚えるととても便利なので、是非タイムライン内でもキーフレームの編集を行ってみてください。

TOP