ムービーメーカーに代わるソフト

ムービーメーカーはwindows環境があればだれでもフリーで利用できる無料の動画編集ソフトです。しかしwindows10が主流となった頃からマイクロソフトによる公式の配布が終了てしまったため、ムービーメーカーに変わるソフトを探す必要が生じてきました。ムービーメーカーのように簡単に操作ができて代わりになるようなソフトがあるのでしょうか?このページではムービーメーカーの代わりになるソフトをピックアップしてご紹介しています。

ムービーメーカーに代わるソフトはWindows10時代に必須

ムービーメーカーは公式提供が終了しました

windows10にこうしたwindowsユーザーの方の中には動画を編集できるムービーメーカーのようなソフトが無いことに戸惑われた方も少なくありません。ムービメーカーは無料で利用できる初心者の方にもとても使いやすいフリーソフトでした。Windowsから公式に提供されているソフトだったので、動作も安定しておりとても快適に編集が出来るソフトでした。表現が全て過去形になってしまうのは2017年に公式なリリースが終了されてしまったからです。

マイクロソフトのウェブサイトからいつでもダウンロード出来たムービーメーカーが消えてしまったっ為に、ムービーメーカーの代わりになる動画編集ソフトが必要になりました。

ムービーメーカーとはどのようなソフト?

ムービーメーカーに代わるソフトを探す前に、ムービーメーカーがどのような機能を持っていたのかを整理しておきましょう。似たような機能を持っていたり似たような簡単操作で動画編集できるソフトが理想的です。ムービーメーカーには少なくとも下記のような特徴がありました。

  • 操作がとても簡単で初めて動画編集を行う方でも使いこなせるボリューム
  • 完全に無料で制限はない
  • スライドショーを簡単に作成できる
  • カット編集が簡単にできる
  • エフェクトやアニメーション、トランジションも加えることが出来る

Windows10以降でもムービーメーカーを使いたい

そんなにムービーメーカーを使いたいならムービーメーカーに代わるソフトをわざわざ探さなくてもムービーメーカーをそのまま使えばいいじゃないかとお考えの方も少なくないかもしれません。しかしムービーメーカーはマイクロソフトからの公式なリリースが終了しており、完全に無料だった本物のムービーメーカーに対して課金制となっていたりウィルスが混入しているムービーメーカーのインストーラも出回るようになってしまいました。ダウンロードファイルに何らかの悪意ある改変が加えられていた場合のリスクもあるので、ネット上のムービーメーカーを利用する場合には注意しましょう。

ムービーメーカーに代わるソフト

ムービーメーカーが利用できなくなってしまったWindows10時代にはムービーメーカーに代わるソフトを探す必要が生じてしまいました。いくつかピックアップしてご紹介sh知恵います。

ムービーメーカーに代わるソフト:フォト

フォトはWindows10に標準で搭載されているソフトです。フォトという名前の通りメインの機能は写真や画像に対する編集となりますが、フォトでも簡単なスライドショーを作成することが出来ます。かつてのムービーメーカーのようにWindows10に標準でインストールされているので、今すぐにWiundows10ユーザーなら誰でも簡単に利用する事が出来ます。操作はとても簡単なので、ムービーメーカーで際立っていた簡単さはこのフォトでも感じることが出来るでしょう。

しかしムービーメーカーも機能があまり多くなかったのと同様にフォトアプリも機能が多くありません。ムービーメーカーと比較しても機能が少ないので高度な編集を行いたいという方には少し物足りないかもしれません。

動画編集初心者の方でこれから動画編集を始められるという方はまずフォトから入ってみても良いでしょう。

ムービーメーカーに代わるソフト:AviUtl

ムービーメーカーに代わるソフトとして有望なのがAviUtlです。開発者が日本人なので完全に日本語で利用できるとても高機能な動画編集ソフトです。AviUtlはムービーメーカーと比較にならないほど高機能で、ムービーメーカーでは出来なかった合成編集やアニメーションの作成、スクリプトの利用など動画を作成するときに必要となるかなりの種類の編集が可能になっています。使いこなすことが出来れば、ムービーメーカーを赤ちゃんのように感じられるほど高機能です。

難点は機能が豊富な分操作方法もムービーメーカーよりも複雑であるという点です。しかし今日明日程度の利用で、ムービーメーカーで行っていたカット編集やちょっとしたエフェクトやトランジションを加えることは概ねできるかと思われます。ムービーメーカーにはない、複数の素材を同時に扱うレイヤーという概念がAviUtlにはあるので、その辺りも理解できてくると作りたい映像を色々とつくれるようになってくるでしょう。

これからyoutuberとしてyoutubeにどんどん動画をアップしていきたい、ある程度力を入れて動画編集に臨んでみたいけれど高いソフト代はまだ払えないという方はAviUtlから基本の概念を習得していくと後々高度な動画編集ソフトに移行していくときにスムーズに映ることが出来るでしょう。

ムービーメーカーに代わるソフト:Shotcut

ムービーメーカーに代わるソフトとしてShotcutも有効な候補になります。前述のAviUtlもそうですが、無料でここまで動画編集が出来るのかと驚くほど高度な動画編集が出来ます。インターフェースはfinalcut ProやPremiere Proなどの業務用の動画編集ソフトにとても似ています。しかし似ている点は見た目だけではなく、4Kへの対応や複数トラックでの編集が可能な点、カラーホイールを使ったカラーコレクションなど業務レベルの編集が出来ます。クロマキー合成や高度なブラーエフェクトなど、クオリティを上げるための様々なエフェクトが利用できる点もおススメできる点です。

日本人にとっての難点は1点のみで、英語でしか利用が出来ないという点です。既に動画編集の経験が有る方や英語がソコソコ理解できるという方はShotcutをすんなり使える方もおられるでしょう。実際にダウンロードして実際に使ってみることをお勧めします。

ムービーメーカーに代わるソフトは色々ある

ムービーメーカーとほぼ同等程度の簡単さでソコソコ動画編集も出来るソフトとして、ほかにiMovieもあげられるでしょう。macOS搭載のパソコンを持っていない方でもiPhoneやiPad版のiMovieを利用する事が出来ます。しかしiMovieはmac版とiPhoneやiPad版とで機能に違いがあるので、すべての機能を使いたい場合にはMAC版のiMovieを利用する必要があります。

ムービーメーカーがなくなってしまった今、ムービーメーカーに代わるソフトを探して使いこなす必要が生じています。ムービーメーカーに代わるソフトは無料のものだけでもいくつか種類があるので、実際にダウンロードしてみて使用感を確かめて見られることをお勧めいたします。

TOP