宇宙をテーマにしたかっこいい系スライドショー

ダウンロードはこちらから

テンプレートなら文字も写真も色もデザインも全部自由に編集ができます。

宇宙を題材にした映画の予告編のようなかっこいいスライドショーをお探しならこちらのムービーテンプレートもお勧めできます。冒頭シーンではUniversalの映画オープニングタイトルのような地球をモチーフにしたダイナミックな画面構成が用意されています。スライドショーの構成を自分で調整することで、結婚式で生い立ちを紹介する際のプロフィールムービーとして活用したり、研修ムービーや思い出を記録する卒業スライドショーの一部としても活用することができます。こちらのスライドショーの構成は非常にシンプルなものにまとめられているので、部分的に活用することで様々なシーンで利用がしやすくなっています。

スライドショーのカッコ良さとは

かっこいいスライドショーを作りたいと考えるとき、カッコいいスライドショーを実際にいろいろと見てみることがとても有効です。かっこいいムービーにはやはりそれなりに仕掛けがありますので、それらの要素を分解して分析していくことで、スライドショーにもその要素を取り込んでいくことができます。

簡単にここで思いつくカッコよさをテーマとして作られるムービーの特徴としてよくある要素をいくつかピックアップしてみました。

  • シネマチック動画
  • 映画のようなアクションつなぎ
  • ドラマのようなカラーグレーディング
  • SF映画風の演出
  • モーショングラフィックスを利用する
  • 音楽との同期

などなど、、、。ざっくりとですが、いろいろと考えられます。

スライドショーを作るときのテーマとしてカッコよさを考えるのであれば、これらの要素の中から自分の作りたいムービーのテーマと合うものをピックアップして中に取り込んでいくとよいでしょう。

かっこいい演出で作るスライドショー

かっこいいスライドショーを作るためのテーマや盛り込みたい演出が決まったら、実際にそれらの演出を積極的に取り込んで作成していきましょう。

こちらのスライドショー[ae_slide_universe_green]では、冒頭部分からSF映画の冒頭オープニングシーンのようなオープニングタイトルが採用されています。

カッコよさの定義にはいろいろなものがありましたが、SF映画風の近未来的なカッコよさを必要としているということであれば、こういったムービーも一つの選択肢に挙げることができるかもしれません。

写真1枚1枚が表示するときにすこしだけホログラム風の演出が加えられていますが、この演出をそのまま活用することもできますしそこにさらに着色をしてよりホログラム風のデザインに仕上げていくことも可能です。

テンプレートという特性上、このムービーのデザインや構成をたたき台としてさらに質感を上げていくことが可能というのもお勧めできる大きなメリットです。

制作スタッフから一言

スライドショーにはいろいろなテーマのものがありますが、かっこよくてスタイリッシュなスライドショーを作りたいというのも人気のあるご要望の1つになります。

カッコよさの定義にもいろいろなものがありますが、こちらのページのae_slide_universe_greenでは映画予告編風のカッコよさをもったスライドショーを作ることができます。

他にもシネマチックVlogやモーショングラフィックスを多用したカッコよさをもった映像作品もたくさんありますので、自分の求めるカッコよさをじっくり考慮の上でお好きなテンプレートでスライドショーを作成していただければと思います。

サポート対象外ですが色の変更やデザインの調整もできますので、お好みで自由に編集してみていただければと思います。

After EffectsファイルについてTemplate file format

  • 使い方はこちらのページから
  • AfterEffectsバージョン : CC2019AfterEffects version : CC2019
  • 解像度 : 1920×1080(フルHD)Resolution : 1920×1080
  • 備考 : 一部ブラグインが必要な場合や背景が動画素材に置き換えられている場合があります。You may need some plug-ins, or the background may be replaced by video material
  • サンプルに利用されているBGMは一切含まれていません。
  • フォントファイルは含まれていません。
TOP