iPhone/iPad版iMovieでトランジションを追加する方法

ビデオや写真などのクリップ同士の間をつなぐアニメーション効果のことをトランジションと呼びます。iPhone/iPad版のiMovieでも各クリップ間の間をつなぐトランジション効果を挿入することが出来ます。動画や写真の切り替わりをスムーズにすることで自然な印象にしたり、逆に動きの強いトランジションを挿入することでシーンの切り替わりを強調することも出来ます。このページではiPhone版のiMovieで挿入できるトランジション効果の使い方と追加方法についてご紹介しています。

差し替えるだけで作れるスライドショー

テンプレートはもう試しましたか?差し替えるだけでムービーやタイトルを作れます。1か月間のお試しが無料です。

iPhone/iPad版iMovieでトランジションを追加する方法

トランジションは自動で追加されます

iOS版のiMovieではトランジションが自動的に挿入されています。デフォルトではディゾルブと呼ばれる、クリップ同士が透明になりながら切り替わっていくフェード効果が加えられています。mac版のiMovieでは自動でディゾルブは入らない為に自分でトランジションを挿入する必要がありますのでiOS版では操作がだいぶ簡単になっています。

トランジションを変更するメニュー

元々入っているトランジションのアイコンをタップすると、トランジションを変更することが出来ます。

トランジションを選択する

選択が可能なトランジションがアイコンとして表示されています。「テーマ」「ディゾルブ」「スライド」「ワイプ」「フェード」のトランジション効果が選択できます。

トランジションの時間を指定する

選択したトランジション効果の継続時間を指定することが出来ます。iOS版では用意されている継続時間の中から選ぶ形での適用になります。mac版ではさらに細かくトランジション効果の時間指定が出来ます。クリップが短すぎてトランジション効果が挿入できない場合もありますので、元々のクリップの長さにも注意しましょう。

iOS版iMovieのトランジション全種類

iOS版のiMovieで挿入できるトランジションの数はあまり多くありません。以下の5個から選択する必要がありますが、テーマに関してだけは利用しているテーマに基づいたトランジションになるため、テーマを切り替えることによってより高度なトランジションに切り替えることも出来ます。

  • テーマ:選択しているテーマに基づいたトランジション効果が挿入されます
  • ディゾルブ:不透明度の切り替えによってフェードで切り替わるトランジションです
  • スライド:画面が横からスライドインしてくる効果によって切り替わります
  • ワイプ:スライドと似た効果ですが、画面自体は真ん中に静止しており、マスク効果によって切り替わるトランジションです(アルファ領域が移動している)
  • フェード:黒い画面との不透明度による切り替わり効果です

テーマを切り替えれば7つトランジションの選択肢が増えます

トランジションの選択肢にある「テーマ」は、選択しているムービーテーマによって効果が変わります。テーマ自体の切り替えは「プロジェクト設定」のアイコンから「テーマ」を変更することで出来ます。テーマには執筆時点で7つのテーマが収録されていますので、各テーマに基づくトランジション効果も含めると7つ選択肢が増えることになります。好みのトランジションが入っていないか確認しておきましょう。

トランジションの詳細編集

位置やタイミングの詳細編集(iPad版でのみ出来ます)

iPad版のiMovieでは挿入したトランジション効果をタップするとトランジション効果の詳細編集が出来ます。トランジション効果を適用するタミンイングやトランジション効果の継続時間をドラッグやピンチで設定することが出来ます。しかし、必ずしもこの詳細編集画面でなければ出来ないということはこれといって無いので、iPhone版のトランジション編集でも十分です。

サウンドエフェクトのON/OFF(iPhone/iPad共に出来ます)

テーマに基づいたトランジションを挿入していると、トランジション効果と共に効果音も自動的に挿入されます。効果音が適切でありあったほうが編集として良いようであれば、そのまま何もせずにいればトランジションの効果音も自動挿入されます。

効果音を向こうにする場合には「サウンドFXオフ」のアイコンもしくはメニューボタンをタップしましょう。もう一度タップすることでサウンドエフェクトのON/OFFを切り替えることが出来ます。

TOP