iPhone/iPad版iMovieで素材を配置・変更・削除する基本操作

iPhone/iPad版iMovieで動画を編集している時に、追加で様々な動画や写真クリップを追加したくなる時があります。プロジェクトを作成する時点で全ての写真や動画クリップが集まっており、使用する素材も決定しているというケースの方が稀かもしれません。動画編集途中でも素材を追加したり変更したり、削除することが出来ます。このページではiPhone/iPad版iMovieで動画編集中に素材を追加したり変更したりする方法についてご紹介しています。

iPhone/iPad版iMovieで素材を追加・置き換え・削除する方法

素材選択のメニュー

編集中のプロジェクトを開きタイムラインを展開します。画面に表示されている「+」アイコンをタップすると、素材を選択できるメニューが表示されます。iPhoneやiPadの写真アプリで利用しているのと同じ構造で写真や動画ファイルが整理されています。

素材の選択

「ビデオ」や「写真」からお好みの素材を探しましょう。写真や動画ファイルを検索できたらタップして1つ選択します。

タイムラインへの追加

選択した写真や動画クリップをタイムラインに追加します。写真や動画クリップを選択するとすぐ上に「+」アイコンが表示されます。「+」アイコンをタップすることでタイムラインへ追加配置することが出来ます。

ポイント:素材が追加される位置の調整

タイムラインを左右にドラッグすると中心に表示されている時間のインジケータを動かすことが出来ます。中心にある時間のインジケータがある位置を基準として素材の前か後ろのどちらかに素材が追加されます。

素材を置き換える方法

Mac版のiMovieでは素材の上に素材をドラッグすることで素材を置き換えるためのメニューが表示され、素材を簡単に置き換えることが出来ます。iPhone/iPad版のiMovieでは残念ながら素材の置き換えメニューは用意されていないようです。

iPhone/iPad版のiMovieで素材の置き換えを行う場合には一度タイムラインの素材を削除してから、再び同じ位置に新規で素材を追加する必要があります。

素材を削除する方法

既にタイムラインに挿入済みの写真や動画クリップを削除する場合は、クリップをタップすると表示される「削除(iPhone)」ボタンや「ゴミ箱のマーク(iPad)」から削除を行います。

TOP