iPhone/iPad版iMovieに写真を取り込む方法

iPhone/iPad版のiMovieには写真アプリに保存してある写真の中から簡単に写真を取り込むことが出来ます。iMovieでは動画クリップをカット編集でつないでいくことも簡単に出来ますが、写真を取り込んでスライドショーを作成することも出来ます。結婚式で生い立ちを紹介するムービーとして利用されるプロフィールムービーなどでもiMovieで作るスライドショーを活用することが出来ます。このページではiPhone/iPad版iMovieにスライドショーでも利用可能な写真素材を取り込む方法についてご紹介しています。

iPhone/iPad版iMovieに写真を取り込む方法

写真を探す

iMovieのメニューの中から「+」のアイコンを押すと、タイムラインで利用する動画や写真クリップを選択することが出来ます。「写真>すべて」の順にタップすると写真アプリの中に入っている写真だけを表示することが出来ます。iPhoneの写真アプリ内で通常整理しているアルバムなどもそのままiMovie上で利用することが出来ます。

写真を取り込むメニュー

iMovieのライブラリ上からiPhone/iPadの写真をタップするとメニューがポップアップしてきます。「+」のアイコンをクリックすると、メイントラックで利用する写真として取り込むことが出来ます。

メイントラックに写真が追加されました

タイムラインのメイントラックに写真が追加されたことを確認できます。

スライドショーに強い写真の配置方法

ピクチィンピクチャで取り込む

背景にデザイン素材を配置して、その上に写真のスライドショーを作成することもできます。この場合は「+」アイコンの横に表示される「…」アイコンからピクチャインピクチャを選択します。ピクチャインピクチャで写真を取り込むと、メイントラックの上段にあるオーバーレイ用のトラックに写真が追加されます。

写真にズームを加えたり境界線や影を加えることで(mac版のみ)よりオリジナリティのある完成度の高いスライドショーを作成できます。結婚式で上映する生い立ち紹介用のプロフィールムービーなどでも利用できるテクニックです。全画面表示のシンプルなスライドショーにしたくない場合にはピクチャインピクチャ機能を活用するとより自由度の高いスライドショーを作成できます。

TOP