iMovieでローリングシャッターを補正する

動きの早い被写体を撮影した時や、撮影者が動きながら撮影した場合などに、被写体が歪んで写ることがあります。ローリングシャッター現象と呼ばれるゆがみ現象です。iMovieではこのローリングシャッター現象を補正するための機能も搭載されています。このページではiMovieで出来るローリングシャッター補正の機能と補正方法についてご紹介しています。

ローリングシャッター現象とは?

早い動きをしている被写体を撮影した時や、カメラマンが動きながら撮影した場合などに、被写体が歪んでしまう現象のことです。CMOSセンサーが画像を記録していく順序に微々たる時間のずれがありますが、その微々たる時間のずれの間にとても早い動作が起こると、同じ画像記録内で歪んでしまうといった現象が発生します。

iMovieでローリングシャッターを補正する

iMovieで出来るローリングシャッター補正は、手ぶれ補正と同じで基本的には自動で行われます。適用するだけで自動で解析が行われ、ゆがみを補正するための調整も自動で挿入されます。

ローリングシャッター補正を適用するクリップを選択する

ローリングシャッターの補正を行いたいクリップを選択します。動画に適用できます。

ローリングシャッター補正を適用できるメニュー

ローリングシャッター補正も「手ぶれ補正」のメニューから適用できます。

ローリングシャッター補正を行う

「ローリングシャッターを補正」の項目にチェックを入れると動画の解析が自動で始まります。補正も自動で入ります。

補正具合の調整

ローリングシャッター補正の調整は、自動でかかる補正のかかり具合の調整のみです。どの程度補正を行うのか、こちらのメニューから調整が出来ます。

ローリングシャッター補正の結果

素材によってどの程度補正がうまくいくかどうかは異なります。うまくいくと、以下の画像のように歪みが除去されて正しい見た目に(近い)状態に戻すことも出来ます。しかし、ゆがみの起きていない動画素材に置き換える方が確実です。どうしてもゆがみのある動画クリップを利用したい場合に限った補助的な補正機能として利用しましょう。

TOP