iMovieでコントラストを調整する方法

iMovieでは写真素材や動画素材のコントラスト調整も簡単に行うことが出来ます。コントラストの弱い淡いトーンの素材に変更したり、輪郭のくっきりとしたシャープな印象の素材に変更することも出来ます。このページではiMovieで出来る素材のコントラスト調整についてご紹介しています。

コントラストを調整

コントラストとは?

コントラストとは色や明度の「差」のことを指します。白と黒などはっきりと異なるコントラストが強い状態、強いグレーと弱いグレーはコントラストが弱い状態です。色や明度に差がない、コントラストの弱い素材は淡い柔らかな印象を持っていて(右)、コントラストの強い動画や写真(左)はくっきりとしたシャープな印象を持ちます。

iMovieのコントラスト調整

コントラストを調整する場合は、以下のポインタから調整を行います。photoShopでトーンカーブからS字カーブを描いてコントラスト調整をするのと同じような操作が出来ます。

ポイントを左に動かすと「明るいところがより明るく、暗いところがより暗くなり(コントラストが強くなる)」ポイントを右に動かすと「暗いところが明るく、明るいところが暗く(色の差がなくなる:コントラストが低くなる)といったコントラスト調整が出来ます。

以下の例ではコントラストが強められています。

コントラスト設定のリセット

コントラスト調整をリセットしたい場合は、色補正メニューの一番右にあるリセットボタンを押します。コントラスト調整に限らず、全ての色調補正をリセットできます。

TOP