iMovieで自動で色調補正する

iMovieでは動画素材や写真素材を自動で色調補正する機能が標準で搭載されています。いい構図で撮影できている写真だけど色のバランスがおかしい、しかし色調補正を行うのに必要な知識をほとんどもっていない、といった場合には自動で補正できる機能を活用するととても便利です。

iMovieをお使いの方におススメしたい動画編集ソフト

Premiere Pro

iMovieではテキストの位置を自由に変更出来なかったり、トラックの数が少ないため、たくさんの動画や写真とテキストを同時に編集できません。iMovieで出来ない事もPremiereProなら出来ます。

  • テキスト位置は自由 / アニメーションも自由
  • トラック数が豊富で素材を同時に複数扱えます
  • 無料体験版でも本番編集OK
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの利用も可能)
  • Premiere Rush(月額980円)も付属するのでお得

30日間の無料体験期間 ムービーテンプレート

自動補正を適用する

iMovie内に取り込んだクリップの色調を自動的に補正して見やすくするのであれば、この自動補正メニューを利用しましょう。暗すぎて見づらい動画素材や、逆に明るすぎている場合など、色の階調が整うように自動で補正を行ってくれます。

補正したいクリップを選択

タイムライン内で現在編集中のクリップだけではなく、ブラウザで表示しているクリップに対しても自動補正を適用できます。自動補正を適用したいクリップを選択しましょう。

自動補正の適用

自動で色調補正を行いたいクリップを選択できたら、自動補正のボタンをクリックします。色調の補正が自動で行われます。

自動補正を解除する

自動補正を適用してみても必ずしも希望通りの見た目になるわけではありません。逆に見づらく感じたりイメージと異なる色調になるようであれば、自動補正を解除できます。自動補正の解除も、適用時と同じアイコンから行います。自動補正ボタンを再度クリックしましょう。

色調補正の確定

全ての自動補正において同じとなりますが、自動補正を適用した後にはチェックマークのボタンから色調補正を確定できます。

TOP