iMovieで1シーンを繰り返してリピート再生する方法

サッカーや野球中継などではお馴染みのリピート映像もiMovieでは簡単に作ることが出来ます。スポーツの瞬間以外にも、子供のハプニングシーンや笑いが生まれた面白い瞬間などを動画編集に組み込む場合には、簡単に繰り返しリピート再生ができる機能を活用するととても便利です。このページではiMovieで簡単にリピート再生を追加することができるインスタントリプレイ機能の使い方についてご紹介しています。

1シーンを繰り返してリピート再生する方法

面白ハプニングまとめ映像や、スポーツや運動会での活躍をまとめるビデオなどでもリピート再生の機能はとても効果的です。

繰り返し再生したいクリップを選択します

川や海への飛び込みの瞬間や楽しいハプニングシーンなど、繰り返してリピート再生したいシーンが含まれているクリップを1つ選択します。

リピートしたいシーンを範囲選択します

クリップをクリックしてからキーボードの「R」キーを押しながら範囲を選択すると、動画クリップの中から範囲を指定することが出来ます。この範囲指定を行うと、指定した範囲だけを繰り返し再生することが出来ます。

動画クリップ全体にリピートをかける場合

範囲指定を行わなければ動画クリップ全体にリピートを適用することが出来ます。動画クリップからすでに特定のシーンだけを切り出してある場合には、範囲指定は必要ないかもしれません。

リピートを適用するメニュー

iMovieの上部メニュー「変更>インスタントリプレイ」から適用すると繰り返し再生を適用できます。

リピート時の速度指定

リピートを適用する際に速度を選択することが出来ます。50%や25%を選択すると、半分の速度もしくは1/4の速度でリピートシーンをスロー再生させることが出来ます。1シーンをより強調したい場合にはスロー再生によるリピートが効果的です。このスロー再生の速度は後からも調整できますので、ここではひとまずの速度指定でも結構です。

リピート再生の調整

リピート再生を一度リセットする

リピート再生したい範囲を再度指定する場合などは、一度リピート再生をリセットすると編集がしやすいかもしれません。リピート効果のリセットは速度メニューに表示されている「リセット」の項目から可能です。

リピート再生の速度を変更する場合

リピート再生の速度を変更することも出来ます。リピート再生時の速度を変更する場合は「カメ」のアイコンをクリックしてから速度の項目に任意の値を入力します。

通常の速度が100%であることに対する値の入力となりますので、50%で半分の速度、25%で1/4の速度になります。自由に値を入力してリピート再生がもっとも効果的になるように編集しましょう。自由入力の欄が表示されていない場合は、速度を「カスタム」に変更すると入力欄が表示されます。

TOP