iMovieで地図を移動するアニメーションを簡単に作る方法

iMovieでは地図上の特定の位置から別の場所に移動している様子を表現した地図アニメーションを簡単に作成することが出来ます。結婚式のプロフィールムービーで地図上を移動するアニメーションを作成したり、旅行の思い出をまとめた動画編集を行っている場合などにはとても有効な表現です。iMovieではどこからどこに移動したのかという場所の指定を行うだけで自動的にアニメーションが作成されるため、「超」を付けて良いほどにとても簡単です。Google Earth やGoogle Earth Studioで作成できる地図アニメーションとはまた一味違った地図の移動アニメーションを作成できます。このページではiMovieで結婚式のプロフィールムービーでも使える地図アニメーションを作成する方法をご紹介しています。

iMovieで地図アニメーションを作成する

地図を選択する

「背景」の項目をクリックすると地図アニメーションとして利用できる地図のデザインが表示されます。地図アニメーションを利用するためには矢印がついている地図を選択する必要がありますので、その中から地図を選択します。後から地図のデザインを変更することも出来ますが、ここでひとまず地図を一つ選択します。

地図をタイムラインに放り込む

地図を一つ選択できたら、タイムラインにドラッグして放り込みます。

出発地点と到着地点を選択する

地図の設定の項目から出発地と到着地を設定します。検索窓に「日本」などと入力すると地名の候補が表示されます。出発地と到着地として理想的な場所を選択しましょう。

地図アニメーションが作成されました

出発地と到着地を選択するだけで地図内を移動するアニメーションが自動的に作成されます。

地図アニメーションの調整

継続時間の変更

地図アニメーションのクリップも通常の写真や動画クリップと同じように端をドラッグすることで継続時間を変更できます。理想的な長さになるように継続時間を変更することが出来ます。

出発地と到着地を反転する

出発地と到着地はワンクリックで簡単に反転させることが出来ます。出発地と到着地の間にあるアイコンをクリックすることで反転が出来ます。

結婚式のプロフィールムービーで地図アニメーションを利用する

結婚式のプロフィールムービーでも地図上を移動するアニメーションが利用されることがしばしばあります。新郎が新婦の住んでいる地域へ移り住んだ様子や、遠距離恋愛になってしまった時期を表現する場合などには、iMovieの地図アニメーションも非常に効果的です。この地図上の移動アニメーションはAfter Effectsなどのプロ用のソフトでも作成することはもちろん可能ですが、初心者の方が作るには難易度が高く意外と大変かもしれません。結婚式のプロフィールムービーやオープニングムービーでも十分使える映像表現なので、地図の移動アニメーションを取り入れたい方にはiMovieの地図機能がオススメです。

ピクチャインピクチャで画像を配置して同じ速さで写真を移動させれば、新婚旅行で移動した時の様子なども表現できます。

Google EarthやGoogle Earth Studioでも地図上を移動するアニメーションをより高度に作成することが可能ですので、本格的な表現を探している場合にはそちらの情報もチェックしてみると良いかもしれません。

TOP