iPhoneやiPadの写真アプリからiMovieに写真を読み込む

iMovieへの写真や動画ファイルの読み込みで最も便利でお手軽な方法が、iPhoneやiPadの写真アプリで管理している写真をそのままiCloud経由で直接読み込む方法です。この方法ではSDカードからデータを転送したり、USBケーブル等で機器をiMovieに接続する必要もありません。iPhoneやiPadで写真を閲覧するときと同じような方法でiMovieでも写真を探して、そのまま動画編集をすぐにスタートさせることが出来ます。このページではiCloud経由で簡単に動画や写真素材を読み込む方法をご紹介しています。

iCloud経由で写真アプリの中身をiMovieですぐ表示できます

iCloudで自動的に写真アプリの中身やメモなどがデバイス間で自動共有できるというのはMacを利用する上でとても便利と感じる機能の1つです。iMovieでも自動共有の機能はとても良い働きをします。iPhoneやiPadで撮影していた写真や動画ファイルは、いちいち転送やコピーをしなくてもすぐにiMovieで編集出来ます。とても画期的で利用しやすいワークフローです。

写真アプリ内の写真をiMovieで表示する

iMovieの画面左側にあるライブラリが表示されている領域に「写真ライブラリ」という項目が表示されています。この写真ライブラリをクリックすると、iPhoneやiPadの写真アプリで管理している写真や動画のデータを一覧として表示することが出来ます。

iPhoneやiPadの写真アプリでは、撮影した時期だけではなく地域や人物などの区切りで自動的に写真が整理されています。iMovieで写真ライブラリを開いたときにも、iPhoneやiPadなどで整理されているグループ毎に写真や動画ファイルを確認することが出来て大変便利です。

写真や動画ファイルのプレビュー

希望の写真や動画素材が含まれているグループを見つけたら、ダブルクリックすることで展開することが出来ます。各写真や動画素材はマウスのポインタを重ねるだけでプレビュー確認することが出来ます。

確認するファイルが動画素材であった場合には、マウスのポインタを左右にドラッグすることで動画ファイルの中身を確認することが出来ます。再生ボタンを押すことでプレビュー確認することも出来ます。

利用する素材の確定と取り込み

写真ライブラリから写真ファイルや動画ファイルを検索して希望の写真が見つかったら、ドラッグしてライブラリに放り込みます。するとiCloudから写真や動画ファイルがコピーされて、iMovieで利用することができるようになります。

複数の動画素材や写真素材を同時に取り込む場合には、複数の写真や動画ファイルをキーボードの「Shift」キーや「Command」キーを押しながらクリックして選択します。複数の素材を選択したら同じようにドラッグしてライブラリに放り込むことで取り込みが出来ます。素材の読み込みが出来たら、早速編集を開始しましょう。

TOP