iMovieでスライドショーを作成する方法

iMovieでは動画素材以外に写真素材も取り込んで動画編集を行う事が出来ます。写真をメインにしたスライドショーを作成することももちろん可能です。結婚式披露宴で上映するプロフィールムービーなど、写真をメインにしたスライドショーが必要となる機会もあります。このページではiMovie内で写真を使ったスライドショーを作成していく方法についてご紹介しています。

写真素材の用意

写真素材を取り込む

すでに写真アプリやマック内の写真データから、iMovieのライブラリにイベントとして写真が読み込まれている状態から編集をスタートしていきます。まだ写真素材がiMovie内に取り込み出来ていない場合には、まず写真データをライブラリに読み込みましょう。

写真素材をタイムラインに取り込みます

写真素材であってもタイムラインへの取り込みは動画素材と基本的に同じです。お好みの写真素材を選択してタイムラインにドラッグして放り込みましょう。

末尾に写真を取り込みたい時は、写真をクリックした時に表示される「+」マークのアイコンを押します。次から次にタイムラインに連続して取り込みたい時には便利な機能です。

複数の写真をまとめて取り込む場合

複数の写真をまとめて選択して取り込む事も出来ます。その場合はキーボードの「Command」キーや「Shift」キーを押しながら選択していくと、まとめて選択する事が出来ます。複数のシャh新が選択できている状態でタイムラインにドラッグする事で、まとめて写真素材を取り込む事が出来ます。

写真素材がタイムラインに取り込まれた

ドラッグして放り込むだけで、簡単にタイムラインへの写真取り込みが出来ます。

表示時間の調整

写真の表示時間の調整

写真が取り込まれると4秒間の映像として追加されます。デフォルトの設定時間で短いようであれば、自由に長さを調整する事が出来ます。長さの調整は動画素材と同じで、クリップの端をドラッグして左右に移動させます。スライドショーとして利用的な時間の長さは、動画全体のテンポや質感、コメントの添付の有無などで変わってきます。写真だけであれば4秒でも問題ありませんが、結婚式のプロフィールムービーなどのようにコメントを添付する場合には7-8秒程度ないとコメントを読む事が出来ません。作品に合わせて時間を設定しておきましょう。

写真の表示時間を全てに一括して適用する

iMovieのデフォルトの設定では写真1枚の表示時間が4秒間に設定されています。このデフォルトの設定時間を変更する事も可能ですが、すでにタイムラインに複数の写真を挿入済みで、それらの写真の時間を一括して変更したい時もしばしばあります。

この場合複数の写真をまとめて選択してから「クリップ情報」をクリックして「継続時間」の項目にお好みの秒数を入力します。数十枚の写真であっても一括して時間の変更が出来ます。

ポイント:写真素材のデフォルトの表示時間を変更する

iMovie>環境設定」から環境設定メニューを表示して「写真の継続時間」の項目に時間を入力すると、新規で取り込む写真素材のデフォルトの時間を変更する事が出来ます。結婚式のプロフィールムービーなどでは一般的に6-8秒程度で写真1枚が表示されます。トランジション効果を挿入する場合には前後のトランジション効果に設定している秒数分が前後の写真素材とダブって表示されますので、その分表示時間が短くなります。その点も考慮して最適な秒数をあらかじめ設定しておくと、後から時間の変更作業に追われる手間が省けます。

ズームアニメーションの適用と調整

iMovieではズームの適用が自動で行われます。ズームの適用も編集してみると時間がかかる工程なのでとてもありがたい機能です。しかしズームの動作はランダムで適用されますので、必ずしも写真の中の重要な部分がズームされるわけではありません。写真にあったズーム動作への調整が必要です。

ズーム調整用メニュー

iMovieではズームの動作を「Ken Burns」というエフェクトで管理します。Ken Burnsエフェクトの調整を行うためにはプレビューパネル上部にある「クロップ」というボタンを押します。「Ken Burns」という項目が青くハイライトされていればズームが適用されています。

開始時点の位置とサイズを調整

「開始」とかかれている枠は、開始時点で表示したい位置とサイズを示しています。開始時点で写真の中のどこの領域を表示したいのかを指定します。

終了時点の位置とサイズを調整

「終了」と書かれている枠は、終了時点で表示したい位置とサイズを示します。終了時点で写真の中のどこの領域を表示したいのかを指定します。

開始と終了を入れ替える

ズームの動作を作ってみると理解しやすい点ですが、開始時のサイズが大きくて終了時の大きさが小さいとズームイン。開始時のサイズが小さくて終了時の大きさが大きくなるとズームアウトのアニメーションになります。

これらの動作はボタンから簡単に切り替える事が出来ます。写真がメインのスライドショーでズームインもしくはズームアウトばかりが連続してしまうようなケースでは、このボタンを使ってズームインとズームアウトを切り替える事で飽きにくいスライドショーを作成できます。

ズームの確定

ズームアニメーションの確定を行う場合はチェックマークの適用ボタンを押します。これでズーム動作の確定が出来ます。

ズームアニメーションの除去

ズームアニメーションが不要な場合には「リセット」ボタンを押します。もしくは「フィット」もしくは「サイズ調整してクロップ」を選択しても、アニメーション動作を除去した写真の固定レイアウトに切り替える事が出来ます。

トランジションを適用する

iMovieでスライドショーを作成する際には、写真と写真の切り替わり時にもトランジションアニメーションを挿入できます。切り替わり効果の事はiMovieに限らず全ての動画編集ソフトでトランジションと呼ばれています。

トランジションのメニュー

トランジションを適用する場合は上部にあるメニューから「トランジション」を選択します。一覧表示されるトランジションアニメーションの中からお好みのものを選択しましょう。

トランジションの適用

トランジションはクリップとクリップの「間」に挿入されるアニメーションです。そのため写真や動画素材そのものではなく、写真と写真の「間」にドラッグして適用する必要があります。

トランジションの時間を変更する

トランジションの時間を変更する事も出来ます。時間を変更する場合は、トランジションのアイコンをダブルクリックし、「継続時間」の項目にお好みの秒数を入力します。目指すスライドショーの質感に合わせて自由に時間を変更できます。

トランジション設定を全てのトランジションに反映する

トランジション設定のコピーはトランジションアイコンをダブルクリックしてから、すべてに適用のボタンを押す事で可能です。まとめて全てのトランジションに設定時間とトランジションの種類を適用として良いのであれば、このメニューを利用しましょう。

ポイント:トランジション効果は控えめに

スライドショーや動画を初めて作る初心者の方の場合、いろいろなトランジション効果を使ってみたくなるかもしれません。しかし、実際にスライドショーの時間軸の中で通しで見てみるとトランジション効果にいろいろな動きが入っていると目障りで落ち着きのない印象になってしまいます。動きが少ない1つのトランジション効果に決めて、コピーして使い回すとシンプルな動作で編集が出来ます。

TOP