iMovieに効果音を追加する方法

iMovieにはたくさんの効果音が収録されています。カメラのシャッター音、結婚式のプロフィールムービーなどでも利用しやすい教会で鐘がなるような効果音、犬の鳴き声、時間の経過を表現できる時計の音、ひらめきを表現できる効果音や、結婚式の余興用のムービーなどでも利用しやすい正解や不正解の効果音などなど、たくさんの効果音が含まれています。動画編集を行っていくと、BGMや効果音の大切さにきっと気づかれることと思います。プロとして映像を作成している場合はオリジナルの効果音ライブラリを所有していることがほとんどですが、iMovieで手軽に動画編集を行っている方でも効果音を使って効果的な動画編集を行いましょう。このページではiMovieの効果音についてご紹介しています。

iMovieで効果音を追加する方法

効果音ライブラリを表示する

効果音のライブラリは「効果音」の項目から表示できます。

効果音の種類をグループ分けして探す

効果音ライブラリの左上のプルダウンメニューから効果音のグループを分けて表示することが出来ます。「動物」「ジングル」「SF」など、イメージしやすいグループ名で分けられているのでたくさんある効果音から目的のものを探しやすくなります。

効果音を検索して探す

効果音ライブラリの右上にある検索ボックスにテキストを入力すると、効果音ライブラリ内から検索することが出来ます。「bell」や「camera」などと入力してみるとヒットした効果音を表示することが出来ます。

効果音を視聴する

効果音の視聴は効果音の左の再生マークを押すか、ダブルクリックすることで視聴することが出来ます。

効果音を適用する

希望の効果音が決まったら、タイムラインにドラッグします。ドラッグして放り込むだけで効果音の利用が出来ます。

iMovieで使いやすいおすすめの効果音

映画予告編風のタイトルにも合う風切り音

効果音ライブラリの[Jet Fly By]という効果音は、映画の3Dタイトルが画面を覆ったり通過する瞬間に流す「ビューーーン」といった迫力ある風切り音としても使いやすい効果音です。映画予告編風のタイトルを利用したい時にはこの効果音と組み合わせるとより効果的な演出表現が作成できます。

カメラのシャッター効果音

動画の中から1コマを切り取って写真のような表示に切り替えて見せる、といった動画編集の手法はiMovieでも作成が出来ます。カメラのシャッター音と合わせてカメラで撮影したかのような編集を行えば、より撮影した雰囲気が出ます。カメラのシャッター音は[Camera Shutter]という名前でライブラリ内に保存されています。

ブライダル映像でも利用できる鐘の効果音

結婚式で生い立ちを紹介するプロフィールムービーや、入場を演出するオープニングムービーなどでも教会の鐘の音のような効果音はとても効果的に利用できます。鐘の音は[Bell Buoy][Bell Tower]などの名前で追加されています。披露宴での余興用の動画を依頼された場合などにも効果的かもしれません。

キラキラ素材を合成する時の効果音

キラキラとしたパーティクル系の動画素材をダウンロードして、iMovie内で合成する編集を行っている方もおられるかもしれません。キラキラとしたパーティクル系動画素材を利用する場合には「キラキラ」という音が効果的です。iMovieでは[Bell Transition]という名前で入っている効果音が、キラキラと光る動画素材と相性が良さそうです。ディズニーの魔法の表現などでも同じような効果音が利用されています。

TOP