AviUtlでテキストの大きさや位置を自由に調整する方法

動画編集をしていくときにコメントを挿入する機能は必須です。AviUtlのコメント挿入機能は充実しており様々なニーズにこたえることが出来ます。自由にテキストの位置を調整できる機能は慣れてしまった方にとっては当たり前の機能となってしまいますが、iMovieのように文字の位置を決められた位置から変更できないソフトを利用しているユーザーにはとても欲しい機能のひとつです。このページではAviUtlを使って挿入したテキストの位置や大きさを自由に変更する方法についてご紹介しています。

まずはテキストを挿入

AviUtlではまず空白のテキストをオブジェクトを作成してから文字情報を入力することでテキストを作成していきます。

テキストの追加

AviUtlでテキストを挿入するためにはテキストオブジェクトをまず作成する必要があります。タイムライン内の空白(挿入したい箇所)を右クリックし「メディアオブジェクトの追加>テキスト」を選択すると、タイムライン内に空白のテキストが挿入されます。

文字の入力

「設定」ダイアログを開き文字を入力しましょう。ここで入力した文字がそのまま空白だったテキストの文字情報として画面に出力されます。

テキストの大きさや位置を変更する

挿入したテキストの位置や大きさを変更してみましょう。

位置の調整

位置の調整は他の写真や動画素材の時と同様で、画面上で直接ドラッグしたり、設定ダイアログから「X」「Y」「Z」の項目を調整することで変更することが出来ます。設定ダイアログから数値を入力して移動させるときというのはケースとしては少なくなるかと思います。基本は画面上でドラッグがやりやすい方法です。

大きさの調整

テキストの大きさを変更する方法は2通りあります。一つは設定ダイアログの「拡大率」の項目からお好みの値を入力して大きさを変更する方法です。この方法では元々のサイズを100としてその値よりも大きくしたり小さくしたりすることで大きさを調整します。

もう一つは画面上でドラッグする方法です。通常のドラッグでは位置の変更になってしまいますが、キーボードの[Alt]キーを押しながらドラッグすることで大きさをドラッグして変更することが出来ます。位置の調整と同じく大きさの調整もマウスでドラッグして直感的にできると編集作業がとても速くなります。是非覚えておきましょう。

  • ただのドラッグは位置の調整
  • [Alt]+ドラッグで大きさの調整
TOP