AviUtlでエフェクトを適用する3つの方法とその違い

AviUtlの拡張編集ではエフェクトを3つの方法で適用することが出来ます。単体のオブジェクトだけにエフェクトを適用する方法以外にも、同じ階層のレイヤー全てにエフェクトをまとめて適用したり、すべてのレイヤーにまとめてエフェクトを適用したりといった事が可能です。同じエフェクト効果を別々に加えるのはとても面倒な事なので、複数のオブジェクトに対してまとめてエフェクトを適用する方法についても知っておくと、AviUtldでの動画編集が行いやすくなるでしょう。このページでは3つのエフェクト適用方法とそれぞれの違いや特徴についてご紹介しています。

1つのオブジェクトだけにエフェクトを適用する方法

この方法が最も標準的なエフェクトの適用方法です。エフェクトを適用したいオブジェクトを画像でも動画でもテキストでもなんでも良いので1つ選んで、エフェクトを適用します。エフェクトの適用は設定ダイアログ内の[+]アイコンボタンから選択して行います。1つのオブジェクトだけに効果が限定される最も標準的なエフェクトの適用方法です。

特徴と効果の範囲

  • 効果の範囲は適用したオブジェクトだけ

効果の範囲は適用したオブジェクトだけに限定される方法で、最もシンプルなエフェクトの適用方法です。以下のサンプル画像ではぼかしエフェクトを適用したテキストオブジェクトだけにぼかしのエフェクトが適用されていることを確認できます。

1つのレイヤーに属する複数のオブジェクトにまとめてエフェクトを適用する方法

メディアオブジェクトとしてエフェクトの機能を持ったオブジェクトをレイヤーに配置する方法があります。この方法では、タイムライン上で1つ上の他のレイヤーに対してエフェクトを適用することが出来ます。エフェクトを適用するオブジェクトそのものにも時間の長さを持たせることが出来るため、特定の時間帯だけに限定したエフェクトの適用が実現できます。時間の長さを伸ばせば、レイヤーにある複数のオブジェクトに対してまとめてエフェクトを適用することも出来ます。

特徴と効果の範囲

  • 効果の範囲はタイムライン上で1つ上の段にあるオブジェクト
  • エフェクトオブジェクトが持っている時間の長さによって、エフェクト適用のタイミングが変化する
  • エフェクト効果をもったオブジェクトの時間を長くすれば、複数のオブジェクトにまとめてエフェクトを適用することが可能
  • エフェクトを適用したいレイヤーをグループとして1つにまとめて管理したい時に便利な方法

いつ上の段にあるレイヤーオブジェクトに対してエフェクト効果が適用されるので、複数オブジェクトの同時適用も出来ます。同じエフェクトをまとめて適用したいオブジェクトを同じレイヤー番号に揃えて編集を行うと、とても編集がしやすくなります。

全てのレイヤーにまとめてエフェクトを適用する方法

全てのレイヤーにまたがってエフェクトを適用することも出来ます。この場合は、「フィルタオブジェクト」としてエフェクトを追加します。タイムライン上でこのフィルタオブジェクトよりも上の段にあるすべてのレイヤーに対してエフェクト効果を与えることが出来ます。PhotoshopやAfterEffectsの調整レイヤー機能に非常に似た機能であるというと、ピンとくる方も多いかもしれません。

特徴と効果の範囲

  • フィルタオブジェクトのエフェクトが影響する範囲は、タイムライン上で上の段にくる全てのレイヤー。メディアオブジェクトは上の1段だけでしたが、フィルタオブジェクトは上のすべてのレイヤーの段に影響するという点で大きく異なります
  • フィルタオブジェクトそのものに時間を持たせることが出来るので、エフェクト効果を適用するタイミングを自由に調整できます
  • フィルタオブジェクトの時間を長くすることで、複数のオブジェクトにまとめてエフェクトを適用することが出来ます
  • カラーコレクションやルック調整等、全体に対して適用したいエフェクトがあるときにはこの方法で簡単に行うことが出来ます

フィルタオブジェクトより上の段にあるレイヤー全てにエフェクトを適用できるので、最終的な映像の仕上げなどで色調補正を一括して行う等の使い方にも重宝するエフェクトの適用方法です。以下のサンプル画像では、背景に配置した写真も前景のテキストも、全てにぼかしエフェクトがきいていることを確認できます。

TOP