AviUtlの設定ダイアログで出来る事

AviUtlでは動画や写真、テキストや図形などのオブジェクトを画面内の自由な位置に複数同時に配置することが出来ます。自由な位置と傾きや透明度で配置するためには「設定」ダイアログメニューから様々なプロパティを変更する必要があります。このページではAviUtlの設定ダイアログを使って動画や写真オブジェクトのサイズを変更したり、透明度や傾きを変更する方法についてご紹介しています。

AviUtlの設定ダイアログ基礎

設定ダイアログとは?

タイムラインに配置した動画や写真オブジェクトは、全て設定ダイアログメニューで表示されるプロパティの値を持っています。各オブジェクトがサイズや透明度、回転角度などの値を持つことが出来るため、それぞれのププロパティを個別に制御することが出来ます。

AviUtlではこれらのプロパティを「設定」ダイアログから行います。「設定」ダイアログは動画やテキストなどの各オブジェクトをダブルクリックすることで開くことが出来ます。

設定ダイアログの開き方

動画や写真オブジェクトをダブルクリックすると設定ダイアログの表示と非表示を切り替えることが出来ます。表示される各プロパティの項目は選択したオブジェクトの種類によっても異なります。

AviUtlの設定ダイアログのプロパティ詳細

位置座標を変更できるプロパティ [X Y Z]

設定ダイアログ内で「X」「Y」「Z」となっているプロパティは画面上の位置を座標で示すプロパティです。AviUtlでは基準となるポイントが画面の中央になっていますので、そこを基準にマイナスやプラス側に座標を変化させることで位置を数値から変更することが出来ます。単純な位置調整はプレビュー画面上からドラッグして行うことが出来ますので、ドラッグで行う方が編集は行いやすいでしょう。設定ダイアログから位置調整を行うケースは、数値でピッタリ並べたい時や位置を合わせたい時です。

大きさを変更できるプロパティ [拡大率]

動画や写真やテキストなどの大きさを変更したい場合には[拡大率]のプロパティを調整します。素材が元々持っているサイズを100%として、それよりも大きくするか小さくするかを指定できます。スライダーの操作だけではなく数値の直接入力も可能なので、スライダーで操作するよりももっと大きな値を入力することも出来ます。

透明度を変更できるプロパティ [透明度]

写真や動画の透明度を変更したい時には[透明度]プロパティを利用します。0は完全な不透明で、100が完全な透明になります。After Effectsなどではプロパティ項目が[不透明度]となっていて100が不透明で0が透明でaviUtlとは逆ですので、Adobeソフトを利用したことのある方は混乱しないように注意しましょう。

角度を変更できるプロパティ [回転]

動画や写真オブジェクトの角度を調整したい場合には[回転]プロパティを変更します。写真やテキストに角度をつけて配置することは実際に良くありますので、角度を調整したい場合には回転プロパティを利用しましょう。

その他の全プロパティ

動画、写真、音声、図形、テキスト、それぞれは別のオブジェクトとして性質が異なるため、AviUtl上でも設定できるプロパティがそれぞれ異なります。前述のサイズや透明度や角度以外に設定できる以下のようなプロパティがあります。

写真オブジェクト

写真オブジェクトは画像ファイルを扱います。写真を挿入したら自動的にAviUtlに画像オブジェクトとして扱われます。画像ファイルでは位置や大きさなどの調整が出来ます。合成モードの機能が搭載されているのもAviUtlの地味にすごい点で、RGB値を使った合成も簡単に行うことが出来ます。

  • X
  • Y
  • Z
  • 拡大率
  • 透明度
  • 回転
  • 合成モード

動画オブジェクト

動画ファイルが動画オブジェクトとして扱われます。動画ファイルでは位置や大きさの調整に加えて、時間を持ったオブジェクトの為再生速度や再生位置の調整も出来るようになっています。

  • X
  • Y
  • Z
  • 拡大率
  • 透明度
  • 回転
  • 再生位置
  • 再生速度
  • 合成モード

音声オブジェクト

音声オブジェクトは見た目的な実態を持っていないので、音量などの調整を行えます。左右のステレオのバランス調整も出来ます。

  • 音量
  • 左右
  • 再生位置
  • 再生速度

図形オブジェクト

図形を描画して挿入するとそれらが図形オブジェクトとして扱われます。

  • X
  • Y
  • Z
  • 拡大率
  • 透明度
  • 回転
  • サイズ
  • 縦横比
  • ライン幅
  • 合成モード
  • 図形の種類

テキストオブジェクト

テキストオブジェクトでは出来ることがかなり多いです。文字を個別にばらしたり、アニメーションさせたり見やすくするために必要な機能が搭載されています。iMovieなどでは出来ない自由な位置でのテキスト配置がAviUtlではあっさり出来てしまいます。

  • X
  • Y
  • Z
  • 拡大率
  • 透明度
  • 回転
  • サイズ
  • 表示速度
  • 合成モード
TOP