AviUtlで複数のオブジェクトをまとめて移動する方法

AviUtlの拡張編集ではタイムラインを使って様々なオブジェクトを編集していくことが出来ます。たくさんある編集操作の中でもオブジェクトの移動操作は最もよく利用する編集操作の1つかもしれません。このページではAviUtlの拡張編集タイムラインで編集中のオブジェクトを移動操作する際の基本操作についてご紹介しています。複数のオブジェクトをまとめて移動する方法についても触れています。

オブジェクトの移動とスナップの基本操作

オブジェクトの移動方法

タイムラインに配置したレイヤー上のオブジェクトはマウスで「中心付近をドラッグ」することで自由に移動させることが出来ます。オブジェクトの端部分をドラッグしてしまうと時間の調整となってしまいますので、オブジェクトの中心付近をドラッグするように注意しましょう。

ポイント:端をドラッグすると長さの調整になります

各オブジェクトの端の部分をドラッグしてしまうと、移動ではなく長さの調整になります。端部分と中心部分とで、長さとタイミングの調整が変化する点を気を付けましょう。

オブジェクトをポイントにスナップさせる

写真や動画などのオブジェクトを別のオブジェクトにピッタリ吸着させることをスナップと呼びます。動画編集ソフトに限らず、デザイン関連のソフトでもこのスナップ機能は便利で、編集作業を助けてくれます。このスナップ機能は元々ONになっている状態ですが、OFFにすることも出来ます。ぴったり吸着させずに微妙なタイミングでずらしたい時などにはスナップ機能をOFFにして編集することもあります。

スナップ機能のON/OFFはタイムラインの「空白を右クリック>オブジェクトをスナップ」の項目のチェックで切り替えできます。

オブジェクトを複数まとめて移動する方法

タイムライン上のオブジェクトはキーボードの[Ctrl]キーを押しながら選択すると、複数を同時に選択することが出来ます。[Ctrl]キーを使って複数を同時に選択した後に、「[Ctrl]キーを押したまま」左右に移動させたり上下に移動させることで複数オブジェクトの同時移動が出来ます。カットや分割機能を使って空白の時間が出来てしまった場合に、複数のオブジェクトを選択して一定の時間数分移動させることはよくありますので、複数を同時に選択できることも覚えておきましょう。

[Ctrl]キーを話してしまうと一括複数選択が解除されてしまいますので、複数オブジェクトの選択後も[Ctrl]キーは離さないように注意しましょう。複数選択出来ている場合には以下の画像のようにオブジェクトが青くハイライトされます。

TOP