AviUtlで写真や動画を複数重ねて配置する方法

AviUtlでは写真や動画の大きさを自由に調整して複数の素材を同時に画面に表示することも出来ます。バラエティ番組でよくあるワイプ合成や、たくさんの写真を同時に表示するスライドショーなども大きさを変更して配置することで自由に作成することが出来ます。このページではAviUtlで写真や動画の大きさを自由に変更して、複数のオブジェクトを重ねて配置する方法についてご紹介しています。

AviUtlで大きさと位置を変更する方法

位置の変更

写真や動画などの各オブジェクトの位置の変更はプレビュー画面上でドラッグすることで出来ます。設定ダイアログからも位置の調整が可能ですが、マウスでドラッグするだけで直感的にできるので基本的には画面上で直接ドラッグする方法がおすすめです。

  • 真横や真上に移動したい時にはキーボードの[Shift]キーを押しながらドラッグします
  • 設定ダイアログから[X][Y][Z]の項目を操作しても位置の変更が出来ます

大きさの変更

大きさの変更は設定ダイアログからも行うことが出来ますが、プレビュー画面上で行う方法が便利です。大きさの変更プレビュー画面上で行う場合には、キーボードの[Alt]キーを押しながらドラッグします。[Alt]キーを押しながらドラッグを行うと、マウスのドラッグが位置の変更ではなく大きさの変更に変化します。直感的な操作でレイアウトを作っていくときにとても便利な方法です。

  • [Alt]キー+ドラッグで大きさの変更が出来ます
  • [設定]ダイアログから[拡大率]の項目を操作しても大きさの変更が出来ます

AviUtlでの重なり順序の整理

複数の素材を同時に画面上に配置してレイアウトを作るためには、動画や写真などの素材同士の重なり順序を正しく整理する必要があります。AviUtlではレイヤーの番号が大きく成ればなるほど画面上で前面に表示される仕様となっています。これはタイムラインの見た目で行くと、下にあるオブジェクトほど画面上で前面に表示されるということになります。最前面に表示したい素材が、タイムラインで一番下にくるようにレイヤーの重なり順序を整理しましょう。

  • レイヤー番号が高いものが画面上では前面に表示されます

複数の素材を自由に配置してレイアウトを作る

複数の写真や動画の位置とサイズさらには重なり順序の整理が出来るようになると、複数の素材を使ったレイアウトを自由に作ることが出来ます。たくさんの写真が使われたスライドショーや、たくさんの動画が同時に再生されるプロモーション映像なども作ることが出来ます。

画像といってもデジカメで撮影した人物の画像だけではなく、イラストの画像ファイルやデザインされた画像ファイルを利用する事も出来ます。様々なオブジェクトを重ねて自由にサイズ調整を行って好みのレイアウトを作成してみましょう。以下は例として画像ファイルと人物写真ファイルがAviUtlだけでレイアウトされています。

  • 背景に紙や布を置いたかわいいスライドショー
  • 結婚式などでも上映されるエンドロールのレイアウト
  • バラエティ番組のオープニングのような人物紹介
  • 映画予告編風の動画

などなど・・・、複数の素材を使ったレイアウトが作れると、作れる映像の種類が一気に広がります。是非複数の素材を使った色々な映像作品にチャレンジしてみてください。

TOP