レイヤーの描画モードを変更して素材を合成する方法

After Effectsで合成を行うための方法は様々存在しますが、初心者の方でも比較的利用しやすい合成方法に「描画モード」というものがあります。このページでは、この描画モードとは何なのか?どういった事が出来るのか?について簡単にご紹介していいます。初心者向けの情報ページとなっています。

描画モードとは?

描画モードとは、画像や動画のRGB値を元に数学的に計算式で合成結果を作り出す合成方法の事です。After Effectsでの合成編集に限らず、photoshopなどでも「描画モード」に相当するRGB値を使った合成方法があります。描画モードを設定するだけなので、初心者の方でも手軽に扱う事の出来る合成方法です。

RGB値とは?

「描画モード」に加えて「RGB値」って分けわからない言葉が出てきたぞ、という方も初心者の方には多くおられると思いますので、RGB値についても少しだけ説明を載せておきたいと思います。

RGB値とは、色を表現するための値の事です。画像や動画がもっているカラー情報は、Red Green Blueの3つの色(光)を重ねる事で表現されています。このRed Green Blueそれぞれのチャンネルは数値として表現されていますので、例えば完全な赤なら「R255,G0,B0」(1,0,0)完全な青なら「R0,G0,B255」(0,0,1)完全な白であれば「R255,G255,B255」(1,1,1)といった値になります。「赤」や「青」「白」という言葉ではなく「R255,G255,B255」(1.0,1.0,1.0)という”数値”で色を表現している点がポイントです。色々な画像や動画を重ねていくときには、これらのRGB値を足したり上書きしたりと内部的に数値の計算が行われています。

つまり描画モードとはこのRGB値を足したり引いたり掛け算や割り算したりする計算方法を変える為のメニューの事です。数値をどう計算するのかで、色々と見た目が変わるという訳です。しかしプロとして合成に関連した仕事を目指したいという方以外は、基本的に描画モードを感覚的に扱うだけでよく、RGB値がバックグラウンドでどのように計算処理されているのかといった事は深く考える必要はありません。
※このページでは初心者の方を対象にさせて頂いておりますので、ざっくりとした説明となり恐縮です。別ページでも詳しく描画モードについて取り上げられています。

描画モードを使って合成する

描画モードを適用するレイヤーを選択する

描画モードは合成を行うための機能なので、2つ以上のレイヤー必ず必要です。1枚の画像や1つの動画ファイルだけの時に描画モードを変更しても、見た目的には何も変わりません。コンポジション内に2つ以上のレイヤーがある状態で行ってください。

上にあるレイヤーの描画モードが、下のレイヤーに対して影響を与えます。今回は上にある背景が黒いキラキラした素材の描画モードを変更して、背景の黒い部分を消してみます。

レイヤーの描画モード選択メニュー

レイヤーの描画モードを選択する為のメニューは、タイムラインの各レイヤーのココです。

下向きの三角形を押すとメニューがポップアップします。

もしこのメニューが表示されていない場合は、キーボードの[F4]キーを押すか、タイムライン下部に表示されている[スイッチ/モード]ボタンをクリックして、描画モードが表示されるようにします。

様々な描画モード

このメニュー内に描画モードとして選択できる様々なモードが表示されています。光物の合成では、スクリーンや加算がよく利用されます。今回は例としてキラキラとした光の表現を合成するので、スクリーンか加算のどちらかを選択しましょう。この説明では加算を適用してみます。

合成されました

描画モードを切り替えただけで、簡単に黒い部分がなくなってキラキラとした光の表現だけが合成されたのを確認できます。

なぜ黒い背景が消えたのか?

「加算」を例にとって考えてみます。加算というのは単純に「足し算」の事です。黒い背景の部分はRGB値では[R0,G0,B0]となり、数値では0です。描画モードを「加算」に変更したことで、「上のレイヤーのRGB値(0)を下のレイヤーに足しなさい」という指示に変更したことになりますが、0は幾ら足しても0のままです。よって上のレイヤーが持っている0の値の、黒い部分は、下のレイヤーには何ら影響を与えないという計算結果になります。上のレイヤーが持っている光の表現の部分は0ではないので、その部分だけが下のレイヤーにしっかりと足されている事で、黒い背景の抜けたキラキラだけが合成されたことになります。

描画モードを使った合成が練習できるaepファイル

描画モードを使った合成を練習できるaepファイルです。実際に背景が黒いキラキラ素材を合成してみて、描画モードを使った合成方法の気軽さを体感して見られてください。AftereEffectsを勉強中の初心者の方に、練習用ファイルとしてお役立ていただければと思います。

 

TOP