After Effectsの値段と購入方法

After Effectsをこれから買って高度な映像を作ってみたいという方も少なくないかもしれません。After Effectsは元々はプロ専用のような高額な価格設定だったため、映像関係の仕事を行っている人以外ではなかなか手が届かないソフトでした。しかし現在はアドビ製品全てで月間単位での契約を主軸として買い方に変わっているので、以前よりもとても安く手軽に買うことが出来るようになりました。このページではそんなアフターエフェクトの値段と購入方法についてご紹介しています。

アフターエフェクトの購入方法

アフターエフェクトを含めたアドビ製品全般は、以前は完全に買い切りタイプのライセンスのみでの提供となっていて、アドビ製品すべてを使うことが出来るマスターコレクションと呼ばれていたプランでは40万円以上するそこそこお高いソフトでした。しかし現在は1か月単位で契約が出来るお得で手軽な価格に変わっています。アフターエフェクトの値段と買い方について詳しく見ていきましょう。アフターエフェクトを買う方法には以下の2つのパターンがあります。

単体プラン

アフターエフェクトだけを単体で買うことが出来るプランです。

アフターエフェクトだけを数か月利用したいというニーズの場合にはこちらのプランがおススメですが、動画編集をメインで行うプレミアや画像編集を行うフォトショップなどのソフトは一切利用できません。ピンポイントでアフターエフェクトだけを使いたいという方のみこのプランを利用しましょう。

単体プランはこんな人におススメ

アフターエフェクトだけを使うと決まっていて尚且つ1か月だけしか使わないという、例えば結婚式のムービーを自分たちで作りたいと考えている場合や会社の忘年会や新年会でオープニングムービーを作りたいといった場合などには、テンプレートと併用して作るといった動画の作り方もおススメです。テンプレートを上手に利用する事で単体プランの1か月だけの利用でも数本のムービーを作って出力することはできるので短期間だけサクッと使いたい場合にはテンプレートとの併用もおすすめです。

コンプリートプラン

コンプリートプランではアフターエフェクトに限らずアドビ製品すべてを利用する事ができます。

コンプリートプランの場合には料金が安くなるのが特徴で、単体プランの実質2本分程度の金額でアドビ製品すべてを利用する事が出来ます。アフターエフェクトと併用してよく利用されるソフトに動画編集を担当するプレミアプロと、画像編集を担当するフォトショップがあります。さらにイラストアニメーションを作りたい場合にはイラストレーターとの併用もおすすめです。

これらのアドビ製品の中から2つ以上利用する可能性がある場合には、その分の料金で全てのソフトが利用できるコンプリートプランの方が良いでしょう。

Adobe Stock10点付きの無料サービス

コンプリートプランの場合、アドビストックという画像や動画を商用利用できるプランも用意されています。10点まで素材を無料で利用する事が出来るので、一緒に画像データや動画データもダウンロードしておきたい場合にはアドビストックの契約も同時にしておくと良いでしょう。無料のファイルだけを10点もらってすぐに解約すことも可能ですので、継続して利用する予定が無い場合には解約の手続きも忘れずに行っておきましょう。

アフターエフェクトの値段

アフターエフェクトの買い方には単体プランとコンプリートプランの2つが用意されていました。それぞれのプランにはさらに1か月だけのプランと、さらに年間契約を行うタイプのプランの2種類があり、さらに一括で払うのか毎月払うのかで支払い方法が少し変わってきます。それぞれの値段の違いを見ていきましょう。

アフターエフェクトを”単体プラン”で購入する場合の値段

アフターエフェクトを単体で購入して購入する場合には以下のような料金体系となります。

年間プラン(月々払い) 年間プラン(一括払い) 月々プラン
2,480円/月(税別) 26,160円/年(税別) 3,480円/月(税別)

“コンプリートプラン”で買う場合の値段

アフターエフェクトも含まれているコンプリートプランを買う場合には以下のような料金体系となります。

年間プラン(月々払い) 年間プラン(一括払い) 月々プラン
5,680円/月(税別) 65,760円/年(税別) 8,980円/月(税別)

コンプリートプランの場合には毎月月で支払うプランだと年間で10万円を超えてきてしまうので、かなり割高になってしまいます。コンプリートプランの場合には年間契約を前提としたプランを選んだ方がお得です。

買い方の違う3つのプラン

アフターエフェクトを単体で買うときの値段設定には3つのパターンがあります。それぞれのプランの意味をまず理解しておきましょうルールを覚えておきましょう。年間契約の場合には解約金が発生してしまうので、単体プランでの年間契約が本当に必要なのか、コンプリートプランとの比較もよく行いましょう。

  • 年間プラン(月々払い)・・・一年間使うことが前提。それを毎月の分割で支払います。
  • 年間プラン(一括払い)・・・一年間使うことが前提。一括で支払う代わりに1か月分程度お安くなります。
  • 月々プラン・・・1か月単位で使います。1か月だけですぐ解約もOK。最も割高のプランです

月々払いにはクレジットカードが必要

月々支払いのプランではクレジットカードのみでの支払いとなっているので、クレジットカートがあるかどうかでも購入の仕方が変わってきます。年間一括払いのプランでは銀行振り込みやコンビニ払いも選択することが出来ます。さらに年間払いでは残りの月数に応じた解約金も発生しますので注意しましょう。

アフターエフェクトの買い方はよく考えること

アフターエフェクトをひとまず1か月だけしか利用しないという事が確実に決まっているテンプレートを使ってサクッと映像を作りたい方以外は、大半の方が年間契約やコンプリートプランの利用を色々と考えられるはずです。僕のようにアフターエフェクトが仕事で欠かせないという方はそれほど数が多いわけではないと思いますので、この辺りはそれぞれの事情を真剣に考えて結論を出してください。

よくある間違いで年間プランの月々払いが少し安いしよく分からないからテキトーにポチっと選択してしまうというケースがあるようです。スマートフォンなどと同じで違約金があるシステムで、解約料は解約時点でも異なるかもしれませんが2020年7月時点では「残額の50%」が解約金と設定されていました。解約金で1万円以上発生することも考えられるので、買い方は慎重に検討されてください。

TOP