まずはこれから!AfterEffectsテンプレートの使い方(フリー版)

AfterEffectsテンプレートを利用するためにはAfterEffectsが必要です。しかしAfterEffectsの無料体験版でも制限なく利用できますので、AfterEffectsを持っていなくても今すぐに編集を開始できます。早速使い方を見ていきましょう。

まずはAfterEffectsのダウンロード

After Effects

合成やモーショングラフィックス映像を作るならアフターエフェクトが最もおススメです。 無料体験版でも制限なく最後まで出力できるので、今すぐ使いたい方はまず体験版からの利用がおススメです。

  • 無料体験版×無料テンプレートで0円でムービー作成も可能
  • 高度なモーションデザインの作成
  • 合成の機能が豊富
無料体験版のAfterEffectsでも機能制限はないためテンプレートを利用して編集出来ます。無料体験版にある制限は日数制限のみです。出力映像に透かしロゴが入るといった制限も一切ありません。無料期間内にテンプレートでサクッとムービーを完成させてしまうのも賢い選択肢の1つです。

ダウンロードzipの解凍

fu-nonで提供されるaepファイルは全てzip形式で圧縮されています。テンプレートを利用するためにはまず解凍作業が必要です。zipの圧縮については別のページで詳しくご紹介していますので、解凍方法についてはそのページをご参照ください。

解凍作業はお使いのwindowsやmacのOSの機能を使って数秒程度で終わらせることが出来る簡単な作業です。

AfterEffectsに読み込む

AfterEffectsのダウンロードとインストールが出来ていれば、基本的にはダウンロードしたファイルをダブルクリックするだけで読み込みが出来ます。

読み込みがうまくいかない場合には解凍が正しく出来ていなかったり、利用しているAfterEffectsのバージョンが間違っていないかを確認してみましょう。

読み込みでリンクエラーが起きる場合

aepファイルを開いたときに内部でリンクされていた素材ファイルのリンクが切れてしまうことがしばしばあります。しかしAfterEffectsに正しいファイルの位置を教える作業をすることですぐに復旧できます。

写真の差し替え

AfterEffectsテンプレートの内部に一時的にスペースを確保するために挿入されている画像(プレースホルダー)は消したり別の画像に置き換えることが出来ます。実際に利用したい写真に置き換えて編集を行っていきましょう。

写真が挿入されているコンポジションを開く

コンポジションというのは編集を行っていく時に用いていく「箱」のようなものです。時間や大きさを持っています。そのコンポジション内部では様々な画像やテキストや動画を整理して編集していく事が出来ます。写真が仮に挿入されているコンポジションはタイムラインの上にタブとして表示されて予め開かれた状態になっています。左から順番にストーリーの順番に並んでいますので、左に表示されているタブからクリックして内部の画像を差し替えていきましょう。

実際に利用する写真を読み込む

実際にテンプレート内で利用したい写真をAfterEffects内に読み込みます。画面左側にあるプロジェクトパネルというパネルに、パソコン内のフォルダから探した写真を直接っドラッグした放り込みましょう。それだけで写真の読み込みが出来ます。

仮の写真を置き換える

仮で挿入されている画像ファイルはキーボードの[Delete]キーで削除することが出来ます。削除して出来た空白スペースに、画面左側にあるプロジェクトパネルに読み込んでおいた画像データの中からお好みの写真を選択してドラッグして放り込みます。

位置と大きさの調整

画面に放り込んだ画像はドラッグして位置の変更が出来ます。大きさの変更は画像の角の4隅のポイントをドラッグすることで変更することが出来ます。

読み込んだ画像がとても大きくて端を選択することが出来ない場合には上部メニューにある「レイヤー>コンポジションサイズに合わせる」から画面のサイズにフィットするように変更すると便利です。ショートカットを使って[Ctrl + Alt + Shift + G]や[Ctrl + Alt + Shift  + H]から画面にフィットさせることも出来ます。大きさや表示させる位置を調整してコンポジションにフィットさせましょう。

写真の差し替えについては以下のページでもさらに詳しい情報が紹介されています。

コメントの差し替え

テンプレート内のコメントは特別に表記が無い限り全て自由に変更してオリジナルのテキストに置き換えることが出来ます。

テキスト差し替え領域の表示

AfterEffects用のテンプレート内ではテキストを置き換えるための専用のコンポジションが用意されています。コンポジションと呼ばれる「箱や空間」は予め左から順番に並んでおり、タブの形式でタイムラインの上部に表示されています。これらを左から順番に右方向に切り替えていくことでテキストをストーリーの順番に差し替えていく事が出来ます。

タブの切り替えはマウスに搭載されているホイール部分をクルクルと回すと簡単に行うことが出来ます。画面内に表示されていないコンポジションのタブを表示したい時には。右側にあるアイコンをクリックしてリスト表示させます。

テキストの選択と差し替え

テキストを差し替えるためのタブを開く事が出来たら、内部にあるテキストレイヤーをやじるしマークのアイコンの[選択ツール]でダブルクリックします。[T]のマークの[テキストツール]でもテキストの選択が出来ます。

テキストの選択が出来たら後は自由にコメントを打ち換えます。

テキストの差し替えや調整については以下のページでも詳しく紹介されています。

プレビュー確認

プレビューパネルの表示

プレビューで再生や停止などの操作で利用する「プレビューパネル」はAfter Effects の標準的なレイアウトの場合であれば画面右側に表示されています。プレビューはこのパネルを使って操作します。

プレビュー再生

標準的な再生ボタンのアイコンを押すことで基本的なプレビュー再生が開始されます。

出来るだけ実際の速度に近い状態での再生が試みられますが、お使いのパソコンの性能によって、また映像の複雑さによって滑らかさが大きく異なります。パソコンの性能が低い場合はガタガタ飛んでしまい、リアルタイムでは全く再生が出来ない場合もあります。iMovieやムービーメーカーなどと比較して再生に時間がかかる、さらにはパソコンの性能に大きく左右されるという点は覚えておきましょう。

一度再生ボタンを押してしばらく待ち緑色のバーが出てきてから、もう一度再生ボタンを押すと緑色のバーになった部分はリアルタイムでプレビュー再生が出来るという流れになります。

プレビュー方法の詳細は以下のページでもさらに詳しく確認できます

動画の書き出し

レンダーキューパネルに追加

[最終出力コンポジション]や[出力用コンポジション]等のコンポジションタブを選択してから、上部メニュー[コンポジション>レンダーキューに追加]を選択します。

レンダーキューパネルに追加されます

レンダーキューと呼ばれるパネルが出現し、内部に先ほど選択した[最終出力コンポジション]や[出力用コンポジション]等のコンポジションが表示されます。レンダーキューパネルに追加されたコンポジションは書き出しに進むことが出来ます。

出力(レンダリング)開始

[レンダリング]ボタンを押します。 映像の計算処理が開始されます。

細かいレンダリング設定については別途マニュアルページで解説されています。

TOP